頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

当サイト厳選育毛シャンプー

 

当サイト厳選!おすすめの育毛シャンプーを一挙公開中!

 

>>ランキングはこちら<<

頭皮の赤みとフケの仕組みとは?実は菌も関係していた!?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、

血行不良によって頭皮に十分な栄養が行き渡っていない可能性が高いです。

 

では、この症状。

 

あるカビ(菌)が関係しているのはご存知でしょうか?

 

それはマラセチア菌と呼ばれる菌になります。

 

 

この菌が繁殖することで臭い、痒み、フケといった症状を伴っていくことになるのです。

 

皮脂の仕組みと過剰分泌

 

私達の皮は皮脂と呼ばれる脂分に守られているという特徴があります。

この皮脂があるからこそ私達の皮膚は紫外線や外気などから皮膚を守ることができるのです。

 

 

では先程のマラセチア菌と皮脂にはどのような関係があるのか?

について触れていきたいと思います。

 

まず皮脂は皮膚を守るために自然に分泌されるものですが、

通常は過剰に分泌されるということはありません。

 

常に一定のレベルの量しか分泌されないようになっているのです。

 

ですが、皮膚が乾燥、損傷しやすくなっている状態なのであれば、

この均衡が崩れていきます。

 

つまり、皮脂が必要以上に分泌されてしまうのです。

 

 

先程お伝えしたとおり、皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を担っており、

一定のレベルで分泌されていますが、皮膚が損傷するのを防ぐために過剰分泌を行うことになります。

 

その結果、必要以上に分泌された皮脂はフケとなって頭皮からボロボロと落ちていくのです。

 

つまりフケとは脂分ということになりますね。

 

あなたの周りの人を見てもらえればわかると思いますが、

フケが多い人って居ませんか?

 

少なくとも私の場合は兄弟がそのような症状を伴っていたので、

すぐにこの仕組がわかってしまいました(笑)

 

これが皮脂の仕組みになっています。

 

一見すると脂分ですのであまり良いイメージがないかもしれませんが、

皮膚を守るために重要な役割を担っていると言えるでしょう。

 

マラセチア菌の繁殖

 

前置きが長くなってしまいましたが、先程お伝えしたマラセチア菌が急激に繁殖される要因。

 

それはこのマラセチア菌が皮脂を栄養としているためです。

 

 

つまり油が大好物というなんとも厄介な性質を持っています。

 

そして、このマラセチア菌は酸を多量に放出するという性質を持っているため、

過剰に繁殖すればするほど頭皮に酸が流れ、炎症を起こしてしまう要因になります。

 

ですので、皮脂を過剰に分泌しようとする私達の体の仕組みが働いているのですが、

それが反ってマラセチア菌を繁殖させてしまい、余計に頭皮を痛めてしまう

という良くないサイクルができてしまうということになりますね。

 

とは言え、頭皮の血行不良を起こしてしまっているのであれば、

皮脂が過剰に分泌されるというのは人間の仕組みとも言える部分ですので、

解決する方法としてはその大本の原因である血行不良を防ぐしか手段がないということになります。

 

もしあなたが頭皮の赤みが気になっている、

あるいは指摘を受けているというような状況であれば、

このマラセチア菌が過剰に繁殖している可能性が高いです。

 

最初にお伝えしたとおり、頭皮の赤みや炎症、そしてフケと言った症状につながっていくため、

早急に改善しておくことが望ましいでしょう。

 

 

 

タグ :    

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: