頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

当サイト厳選育毛シャンプー

 

当サイト厳選!おすすめの育毛シャンプーを一挙公開中!

 

>>ランキングはこちら<<

頭皮の赤みが進んでくるとこんな症状も伴う!?

読了までの目安時間:約 7分

 

頭皮の赤みは決して良い状態とはいえません。

 

 

これはあなた自身の血流が悪くなってくることにより現れてくる症状ですので、

頭皮に限らず、健康に良いとは言えないでしょう。

 

血流が悪くないr、頭皮が赤くなっているということは、

最終的には抜け毛やハゲの症状につながってしまうため、

もし自分自身で血流が悪くなっていることに気づいているのであれば、

早めに対処しておくことが望ましいでしょう。

 

では、頭皮が赤くなっている場合、どのような症状が伴ってしまうのでしょうか?

 

それはフケと痒みです。

 

 

これは頭皮が炎症によって起こる症状と言われています。

 

赤くなっている=炎症を起こしていると考えて良いでしょう。

 

頭皮が炎症を起こしているということは、頭皮の水分がなくなり、

乾燥しやすくなってしまいます。

 

こうなると、頭皮を守るためにある脂分(一般的には皮脂と呼ばれています)が、

固形化してしまい、頭皮から落ちてしまいます。

 

これがいわゆるフケです。

 

 

フケをきちんと見れば分かりますが、(あまり見たいとも思わないでしょうが)

なんとなく脂っぽい感じがしませんか?

 

これはもちろん頭皮を守るための脂分であるためです。

 

そしてフケの厄介なところ。

 

言うまでもありませんが、見た目の不潔感です。

 

これはあなた自身がフケが多い人を見たことがあればわかると思います。

 

フケが多い人って、少なくとも清潔に見えませんよね?

 

 

不潔だと考えていないとしても、少なくとも清潔な印象は与えないでしょうし、

自分自身もそうは思わないはずです。

 

また、見た目とは別の意味でも深刻な症状と言えます。

 

本来頭皮を守るために必要な皮脂が頭皮から落ちてしまう・・・。

 

となれば、頭皮の細胞が外気や紫外線にそのままさらされてしまうのです。

 

つまり、頭皮が外的要因から受けるダメージが大きくなってしまいます。

 

これが頭皮が痛みやすくなる原因であり、毛母細胞がダメージを負ってしまうのです。

 

次に痒みになります。

 

これもなんとなくイメージしやすいかもしれませんが、

頭皮が外気に晒されやすくなっているということや、炎症を起こしていること。

 

そして乾燥の症状。

 

これらの原因が組み合わされれば、頭皮は痒みを伴ってきます。

 

例えば冬の季節をイメージしてみてください。

 

 

乾燥肌の人は何となく分かるかもしれませんが、

夏よりも冬の方が乾燥していますので、普段よりも皮膚が痒くなったりしませんか?

 

そして知らないうちに皮膚を掻いている。

 

乾燥肌の人ほどこのような経験をしていると思います。

 

実際、私自身が乾燥肌ですので、この症状によく悩まされていますので、

冬という季節自体があまり好きではありません。

 

子どもたちは雪遊びができて大変満足なようですが(笑)

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、乾燥によって皮膚が痒くなるのは、

頭皮も例外ではないということになります。

 

ましてや皮脂が少なくなり、炎症を起こしており、更に乾燥もしている。

 

こうなると痒みを伴わないわけがありません。

 

この症状がひどい人であれば、

知らず知らずのうちに頭を掻く癖がついてしまうようです。

 

 

さて、かゆみとフケ、なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

 

では、この症状に対応するにはどうすればよいのか?

 

その答えは育毛シャンプーということになります。

 

 

あなた自身ご存知かもしれませんが、育毛シャンプーには、

センブリエキス、グリチルリチン酸といった天然の生薬が使用されています。

 

そしてこれには炎症を防ぐ効果、乾燥を防ぐ効果があると言われており、

この頭皮の赤みに対して非常に相性の良い成分とされています。

 

また、育毛シャンプーは比較的手頃な価格設定であり、

3,000円程度で購入することができ、継続していくという点でも、

優れているということができるでしょう。

 

最初にお伝えしたとおり、頭皮の赤みは最終的に抜け毛、

ハゲといった症状につながっていきます。

 

ですので、早めの対策をしていけば、

頭皮が大ダメージを受けると言うのを防ぐことができるでしょう。

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら

 

タグ :     

頭皮と育毛成分    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: