頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

当サイト厳選育毛シャンプー

 

当サイト厳選!おすすめの育毛シャンプーを一挙公開中!

 

>>ランキングはこちら<<

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: