頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

当サイト厳選育毛シャンプー

 

当サイト厳選!おすすめの育毛シャンプーを一挙公開中!

 

>>ランキングはこちら<<

頭皮が赤い、臭いもしかしたら皮膚炎かも!?その正体は?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤いということは、頭皮が炎症を起こしている可能性がありますが、

臭うのであれば思いあたるのはカビ菌による炎症です。

 

 

赤いだけであれば、日焼けによる炎症、血行不良による炎症などですが、

臭いも伴っているとなれば、放っておくと抜け毛などの大ダメージにつながります。

 

というのも、このカビ菌はマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

このカビが大量に繁殖する事によって頭皮に悪影響を及ぼします。

 

このマラセチア菌は酸を多量に放出するという特徴があり、

この酸が頭皮に降り注ぐことで炎症を引き起こしてしまうためです。

 

これによって伴う症状は、

乾燥によるフケ、かゆみ、かさぶたなどが該当します。

 

 

少しでもこれらの症状に心あたりがある場合は、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

では、頭皮の赤みと臭いにはどのような関係があるのでしょうか?

 

それは皮脂の過剰分泌です。

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着しているものであり、

これによって外気、紫外線などから皮膚を守ってくれます。

 

これは頭皮であっても例外ではありません。

 

この皮脂は常に一定のレベルになるように保たれていると言われており、

私達の無意識下でコントロールされています。

 

ですが、この皮脂が一定のレベルを超えて過剰に分泌される原因があります。

 

それが血行不良によるものです。

 

 

血行不良を私達の体が察知した場合、私達は皮膚を守ろうとして、

皮脂を過剰に分泌するという体の仕組みを持っています。

 

この症状が起こった場合に、皮膚が脂のような臭いを伴ってしまうようです。

 

皮脂と言えば、その名の通り脂成分ですので、

油臭いと感じているのであれば、皮脂の過剰分泌の可能性があります。

 

皮脂の過剰分泌が起こると・・・

皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、先程のマラセチア菌が急激に繁殖します。

 

 

実はこのマラセチア菌は皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

皮膚を守るために皮脂を分泌しているはずが、

このマラセチア菌を増やすことにつながってしまいます。

 

繰り返しになりますが、マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるため、

皮脂の過剰分泌によって皮膚が却って痛みやすくなってしまうということです。

 

ではマラセチア菌を繁殖させなければいい。

 

こういう結論になりますが、ここで難しいのが、

皮脂の過剰分泌を私達は自分の意思でコントロール出来ないということです。

 

 

ですので、その大本の原因を解消するしかありません。

 

それがアミノ酸配合シャンプーとなります。

 

アミノ酸は私達のエネルギーととなる成分であり、

血流を良くし、疲労回復、健康を維持するなど、重要な成分です。

 

これは健康サプリメントなんかによく使用されているので、

なんとなくイメージできる方も多いのではないでしょうか?

 

頭皮の場合は、頭皮にアミノ酸を配合したシャンプーを使用することで、

血行不良を解消するといった仕組みになります。

 

 

また、アミノ酸シャンプーは別名育毛シャンプーとも言われており、

炎症に伴う乾燥、フケ、痒みを防いでくれるという効果があります。

 

例えば有名なものではセンブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムなどがあります。

 

これらは天然の生薬であり、これをアミノ酸シャンプーにセットで配合することで、

結構改良とともに、その症状を緩和してくれるのです。

 

例えばセンブリエキスは保湿を司る成分と言われており、

乾燥した頭皮に保湿成分を与えることでフケやかゆみを防ぎますし、

グリチルリチン酸二カリウムは炎症を抑える効果があります。

 

これらの生薬をセットで配合することで、

頭皮の赤みによる症状を緩和してくれます。

 

もしあなた頭皮の臭い、赤みに心あたりがあるのであれば、

アミノ酸を配合したシャンプーを使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

頭皮の赤み解消シャンプーランキングはこちら

 

 

 

タグ :     

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: