頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

頭皮が赤い、臭いもしかしたら皮膚炎かも!?その正体は?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤いということは、頭皮が炎症を起こしている可能性がありますが、

臭うのであれば思いあたるのはカビ菌による炎症です。

 

 

赤いだけであれば、日焼けによる炎症、血行不良による炎症などですが、

臭いも伴っているとなれば、放っておくと抜け毛などの大ダメージにつながります。

 

というのも、このカビ菌はマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

このカビが大量に繁殖する事によって頭皮に悪影響を及ぼします。

 

このマラセチア菌は酸を多量に放出するという特徴があり、

この酸が頭皮に降り注ぐことで炎症を引き起こしてしまうためです。

 

これによって伴う症状は、

乾燥によるフケ、かゆみ、かさぶたなどが該当します。

 

 

少しでもこれらの症状に心あたりがある場合は、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

では、頭皮の赤みと臭いにはどのような関係があるのでしょうか?

 

それは皮脂の過剰分泌です。

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着しているものであり、

これによって外気、紫外線などから皮膚を守ってくれます。

 

これは頭皮であっても例外ではありません。

 

この皮脂は常に一定のレベルになるように保たれていると言われており、

私達の無意識下でコントロールされています。

 

ですが、この皮脂が一定のレベルを超えて過剰に分泌される原因があります。

 

それが血行不良によるものです。

 

 

血行不良を私達の体が察知した場合、私達は皮膚を守ろうとして、

皮脂を過剰に分泌するという体の仕組みを持っています。

 

この症状が起こった場合に、皮膚が脂のような臭いを伴ってしまうようです。

 

皮脂と言えば、その名の通り脂成分ですので、

油臭いと感じているのであれば、皮脂の過剰分泌の可能性があります。

 

皮脂の過剰分泌が起こると・・・

皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、先程のマラセチア菌が急激に繁殖します。

 

 

実はこのマラセチア菌は皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

皮膚を守るために皮脂を分泌しているはずが、

このマラセチア菌を増やすことにつながってしまいます。

 

繰り返しになりますが、マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるため、

皮脂の過剰分泌によって皮膚が却って痛みやすくなってしまうということです。

 

ではマラセチア菌を繁殖させなければいい。

 

こういう結論になりますが、ここで難しいのが、

皮脂の過剰分泌を私達は自分の意思でコントロール出来ないということです。

 

 

ですので、その大本の原因を解消するしかありません。

 

それがアミノ酸配合シャンプーとなります。

 

アミノ酸は私達のエネルギーととなる成分であり、

血流を良くし、疲労回復、健康を維持するなど、重要な成分です。

 

これは健康サプリメントなんかによく使用されているので、

なんとなくイメージできる方も多いのではないでしょうか?

 

頭皮の場合は、頭皮にアミノ酸を配合したシャンプーを使用することで、

血行不良を解消するといった仕組みになります。

 

 

また、アミノ酸シャンプーは別名育毛シャンプーとも言われており、

炎症に伴う乾燥、フケ、痒みを防いでくれるという効果があります。

 

例えば有名なものではセンブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムなどがあります。

 

これらは天然の生薬であり、これをアミノ酸シャンプーにセットで配合することで、

結構改良とともに、その症状を緩和してくれるのです。

 

例えばセンブリエキスは保湿を司る成分と言われており、

乾燥した頭皮に保湿成分を与えることでフケやかゆみを防ぎますし、

グリチルリチン酸二カリウムは炎症を抑える効果があります。

 

これらの生薬をセットで配合することで、

頭皮の赤みによる症状を緩和してくれます。

 

もしあなた頭皮の臭い、赤みに心あたりがあるのであれば、

アミノ酸を配合したシャンプーを使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

頭皮の赤み解消シャンプーランキングはこちら

 

 

 

タグ :     

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

頭皮の赤みと脂漏性皮膚炎とは?こんな注意が必要!?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤くなっているということは、

何らかの原因で頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

 

実は、頭皮の炎症にはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する

ことによって起こるとされています。

 

 

マラセチア菌とは、皮脂を栄養にしているカビであり、

これが頭皮に以上に繁殖してしまうことにより頭皮の健康状態が悪くなります。

 

実はこのマラセチア菌によって起こる病気は、

脂漏性皮膚炎、癜風の2つが考えられます。

 

脂漏性皮膚炎とは・・・?

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り皮膚が炎症を起こすことによって起こる症状であり、

かゆみなどの症状を伴います。

 

 

そして、炎症を起こしているため、頭皮が赤くなったりと言った症状が出てきます。

 

最も判断しやすいのはフケとかゆみです。

 

フケは脂漏性皮膚炎によって、頭皮が乾燥しやすくなることによって起こり、

皮膚の上に存在する皮脂が乾燥によって固形化し、落ちてくる症状とされています。

 

健全な頭皮であれば、フケが多量に落ちてくる・・・

なんてことはまずありません。

 

ですので、毎日清潔にしているのにフケが何故か多い・・・。

 

このような症状に心当たりがある場合は、聖籠性皮膚炎の可能性があります。

 

また、皮膚が炎症を起こしているために、かゆみなどの症状も感じられます。

 

症状がひどい人は、知らず知らずのうちに頭皮を掻いてしまうクセが出てきますし、

掻きすぎると出血、瘡蓋ができてしまう等の症状も報告されています。

 

繰り返しになりますが、

脂漏性皮膚炎はあくまで頭皮が炎症を起こしている症状であり、

比較的判断が容易と言われています。

 

癜風とは?

 

これに対して癜風とは、マラセチア菌が皮膚の内部に侵入し、

それに対して皮膚が反応してしまうといういわゆる感染症の一種とされています。

 

 

感染症であれば、体が異常反応を起こし、ブツブツが出てくるなどの症状が目立ちます。

 

また、色素異常を起こすため、シミなどの症状を伴ってきます。

 

脂漏性皮膚炎との大きな違いは、かゆみやフケを感じない人が多いという点です。

 

ですので、癜風は脂漏性皮膚炎と比較して判断しにくいことや、

自分自身が気づいていないというパターンも多いようです。

 

また、頭皮に多いとされる脂漏性皮膚炎に対して、

癜風は頭皮のほか、上腕、胸部、背中などに現れることもあり、範囲が広いといったイメージです。

 


 

以上が2つの特徴になります。

 

 

マラセチア菌の繁殖をさせないためには??

 

では、マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはどのようにしていけば良いのか?

 

その答えは血流を良くすることです。

 

 

もともと頭皮の赤みによる炎症は、血流悪化によって、

皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌が繁殖することが原因です。

 

皮脂が過剰分泌される原因は、血流が悪くなっていることによって、

皮膚が異常信号を発することが原因です。

 

ですが逆を言えば、血流が安定し、頭皮に十分な栄養がいきわたっているのであれば、

そもそも皮脂が過剰分泌されることもなく、マラセチア菌が繁殖することもなくなります。

 

ですので、大本の原因である血流を改善するのが一番の近道と言えるでしょう。

 

血流を改善させるために必要なもの。

 

それは主にアミノ酸と言われています。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなるのに重要な栄養素であり、

血流を安定させるなどの効果があり、さまざまな健康食品に利用されています。

 

最もわかりやすいものと言えば、edを改善するための精力剤などです。

 

アミノ酸を多量に配合した精力剤を使用することで、

血流を良くし、体全体の健康を良くしていくとともに、

edの治療にも役立つと言われています。

 

このアミノ酸を活用したものが育毛シャンプーです。

 

アミノ酸を豊富に含んだシャンプーを頭皮に直接塗布することで、

頭皮の血流を安定させることができます。

 

 

アミノ酸配合のシャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ 頭皮と病気    コメント:0

血行不良によって頭皮が乾燥し、保湿が悪くなる!?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達の頭皮の血行が悪くなってくれば、炎症と乾燥の症状を伴ってしまいます。

 

 

私達は血液によって必要な栄養素が各部位に運ばれていますが、

これは頭皮も例外ではありません。

 

ですので、血行が悪くなってくることによる影響。

 

それは頭皮に必要な栄養素が十分に行き渡りにくくなるというものです。

 

これにより頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

この症状を判断するのに最もわかりやすいもの。

 

それは頭皮が赤くなっていないか?ということと、フケの2つです。

 

 

まず頭皮が赤くなっていないか?に関してですが、

これはなんとなくイメージしやすいかもしれません。

 

炎症を起こしている部分って、赤くなっていますよね?

 

これは頭皮でも例外ではありません。

 

私達の頭皮は普段は肌色、もしくは灰色になっているはずです。

 

赤くなっている人って普通はいないですよね?

 

ですので、赤みを帯びているというのは、炎症を起こしている可能性があり、

乾燥の症状につながっていきます。

 

自分では見えない部分ですので、なかなか気が付かないかもしれません。

 

ですが、この症状を判断しやすくしてくれるのがフケです。

 

 

フケは私達の頭皮に付着している脂分が固形化し、

落ちてくるものです。

 

フケが油っぽい感じがするのは、もちろん頭皮に付着している脂分のためであり、

本来はこの皮脂が頭皮を守る役割の一つとされているのにもかかわらず、

これが落ちてきてしまう。

 

その後どんな症状になってくるのかはもはやイメージするまでもないでしょう。

 

もちろん頭皮のダメージにつながってしまいます。

 

ですので、早めに対処していく必要があります。

 

血行不良を起こしているということは、

殆どの場合これらの症状が関連していきますので、

これらで判断すると良いでしょう。

 

効果的なものはどんなもの?

 

では、これらの症状に対して効果があるのはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛と聞いた場合、自分はまだ禿げていない!と思ってしまうかもしれませんが、

頭皮の血行不良は最終的に頭皮にダメージを負ってしまうということになり、

最終的に抜け毛につながってしまいます。

 

ですので、これらの症状に関して効果的な成分が含まれています。

 

例えば炎症。

 

これには、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草から抽出される成分が有効とされており、

江戸時代から活用されてきた経緯があります。

 

 

殆どの育毛シャンプーに含まれている、言わば定番の成分でもあるため、

頭皮の炎症を防ぐのに非常に効果的ということができます。

 

次に乾燥を防ぐ成分。

 

これはセンブリエキスなどが有効と言われています。

 

これも天然のハーブを用いた成分ですが、頭皮に保湿効果をもたらし、

乾燥及びそれに伴うフケの症状を防ぐことができます。

 

 

このセンブリエキスも多くのシャンプーに使用されている定番成分であり、

従来より有効とされてきた経緯があります。

 

これらの成分が使用されているのが育毛シャンプーであり、

血行不良による症状を抑えることができるでしょう。

 

ですが、ここで気になる点が、価格はどうなの?という点ではないでしょうか?

 

確かに通常のシャンプーに比べれば価格は少々高くなってしまいますが、

成分を濃縮した育毛剤と比較した場合はリーズナブルな価格設定といえます。

 

例えば育毛剤は多くの商品が10,000円を超えるものばかりであり、

高いものであれば20,000円程度になるものも珍しくありません。

 

継続して使用する必要があるにもかかわらず、

この価格設定では難しいのではないでしょうか?

 

それと比較した場合、育毛シャンプーは3,000~4,000円程度であり、

半額以下で購入することができますので、

継続しやすいというメリットがあります。

 

もしあなたが自身の頭皮の血行が悪い可能性がある。

 

そう悩んでいるのであれば、

まずは育毛シャンプーから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

タグ :        

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

頭皮のフケは皮脂だった!?皮脂が分泌される要因とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が血行不良を起こしている場合、最終的に抜け毛や薄毛につながっていきますが、

その前段階としてフケやかゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

ではこのフケが多量に出やすくなるのは、どのような仕組みによるものなのでしょうか?

 

今回はフケについて触れていきたいと思います。

 

実はフケの正体は皮脂だった!?

 

フケは皮脂が過剰に分泌されることによって頭皮から落ちてくるものです。

 

 

私達の皮膚は皮脂によって守られているのはあなたもご存知かもしれません。

 

皮膚の表面が皮脂に覆われていることで、外気や紫外線といった、

外的要因から皮膚を守ることができるのです。

 

ですので、皮脂は私達の皮膚を位守るために無くてはならないものです。

 

実はこの皮脂は、私達の体の仕組み上、

一定のレベルの状態で分泌されるように保たれています。

 

つまり多すぎず少なすぎずという状態で保たれています。

 

ですが、この一定のレベルが崩れることもあります。

 

それは、血行不良などで十分に栄養が行き渡らなくなっている場合などが

その原因として考えられます。

 

この場合、外的要因から皮膚を守るために、皮脂を多めに分泌するという作用が働きます。

 

 

これが皮脂が過剰に分泌される原因になります。

 

また、頭皮が血行不良を起こしている状態では、

十分な湿度が確保されずに乾燥しやすくなってしまい、

皮脂が固形化しやすくなってしまうのです。

 

皮脂が過剰に分泌され、頭皮に必要以上に付着し、乾燥してしまうことで、

フケとなって頭から落ちてしまうのです。

 

これがフケの正体であり、その原因となります。

 

これは頭皮に限らず、他の部位でも同じことが言えますね。

 

例えば皮膚が乾燥していたり、こすったりすると白い粉が出て来る・・・

こんな経験をしたことがある人は多いと思います。

 

これも皮脂であり、摩擦や乾燥によって固形化された皮脂ということです。

 

まずは血行不良と保湿から

 

この皮脂が過剰に分泌されるという症状は、私達の体の仕組み上防ぐことは困難です。

 

 

であればどのように対策を練っていくか。

 

それは、血行不良を解消する成分、そして保湿成分を

豊富に含んだシャンプーを使ってみるということになります。

 

つまり、育毛シャンプーということになりますね。

 

育毛・・・と言われればあまり聞こえが良くないかもしれませんが、

これらの症状に最適な成分を豊富に含んでいるため、フケ、かゆみの解消につながります。

 

忘れてはいけないのが、この症状は毛根を痛めることになり、

いずれ抜け毛や薄毛につながってしまうという点です。

 

赤みやフケが出ている段階ではそこまでひどい状態というわけではないため、

育毛シャンプーなどでも対処ができる可能性があります。

 

なにより、強力で高額である育毛剤と比較して、

半額以下の価格で購入できるというのが多いなメリットです。

 

育毛剤は成分を濃縮している分価格も高く、

10,000円を超えることも珍しくありません。

 

それと比較した場合、育毛シャンプーはほとんどのものが

3,000円程度で購入することができますので、

金銭的な負担もそこまで大きくないと思います。

 

ですので、まずは最初に育毛シャンプーによる血行不良の解消、

保湿成分の浸透を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ    コメント:0

頭皮の赤みとフケの仕組みとは?実は菌も関係していた!?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、

血行不良によって頭皮に十分な栄養が行き渡っていない可能性が高いです。

 

では、この症状。

 

あるカビ(菌)が関係しているのはご存知でしょうか?

 

それはマラセチア菌と呼ばれる菌になります。

 

 

この菌が繁殖することで臭い、痒み、フケといった症状を伴っていくことになるのです。

 

皮脂の仕組みと過剰分泌

 

私達の皮は皮脂と呼ばれる脂分に守られているという特徴があります。

この皮脂があるからこそ私達の皮膚は紫外線や外気などから皮膚を守ることができるのです。

 

 

では先程のマラセチア菌と皮脂にはどのような関係があるのか?

について触れていきたいと思います。

 

まず皮脂は皮膚を守るために自然に分泌されるものですが、

通常は過剰に分泌されるということはありません。

 

常に一定のレベルの量しか分泌されないようになっているのです。

 

ですが、皮膚が乾燥、損傷しやすくなっている状態なのであれば、

この均衡が崩れていきます。

 

つまり、皮脂が必要以上に分泌されてしまうのです。

 

 

先程お伝えしたとおり、皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を担っており、

一定のレベルで分泌されていますが、皮膚が損傷するのを防ぐために過剰分泌を行うことになります。

 

その結果、必要以上に分泌された皮脂はフケとなって頭皮からボロボロと落ちていくのです。

 

つまりフケとは脂分ということになりますね。

 

あなたの周りの人を見てもらえればわかると思いますが、

フケが多い人って居ませんか?

 

少なくとも私の場合は兄弟がそのような症状を伴っていたので、

すぐにこの仕組がわかってしまいました(笑)

 

これが皮脂の仕組みになっています。

 

一見すると脂分ですのであまり良いイメージがないかもしれませんが、

皮膚を守るために重要な役割を担っていると言えるでしょう。

 

マラセチア菌の繁殖

 

前置きが長くなってしまいましたが、先程お伝えしたマラセチア菌が急激に繁殖される要因。

 

それはこのマラセチア菌が皮脂を栄養としているためです。

 

 

つまり油が大好物というなんとも厄介な性質を持っています。

 

そして、このマラセチア菌は酸を多量に放出するという性質を持っているため、

過剰に繁殖すればするほど頭皮に酸が流れ、炎症を起こしてしまう要因になります。

 

ですので、皮脂を過剰に分泌しようとする私達の体の仕組みが働いているのですが、

それが反ってマラセチア菌を繁殖させてしまい、余計に頭皮を痛めてしまう

という良くないサイクルができてしまうということになりますね。

 

とは言え、頭皮の血行不良を起こしてしまっているのであれば、

皮脂が過剰に分泌されるというのは人間の仕組みとも言える部分ですので、

解決する方法としてはその大本の原因である血行不良を防ぐしか手段がないということになります。

 

もしあなたが頭皮の赤みが気になっている、

あるいは指摘を受けているというような状況であれば、

このマラセチア菌が過剰に繁殖している可能性が高いです。

 

最初にお伝えしたとおり、頭皮の赤みや炎症、そしてフケと言った症状につながっていくため、

早急に改善しておくことが望ましいでしょう。

 

 

 

タグ :    

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他    コメント:0

血行不良を解消することがフケの解消にもつながる!?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮のフケに悩まれているのであれば、

頭皮が大きなダメージを負っている可能性が高いです。

 

 

というのも、頭皮には外的要因から肌を守るために必要な脂分があり、

フケはこの脂分が乾燥して落ちてきているということになります。

 

ということは、髪の毛を生やしてくれる毛根を守る手段がなくなり、

紫外線はもちろん、外的な要因から頭皮を守ることが出来なくなります。

 

フケやかゆみがひどい人は、頭皮に血が滲んでいる・・・。

 

こんな症状をあなたも見たことが有るのではないでしょうか?

 

これこそが頭皮を守ってくれる脂分がなくなっている大きな証拠になります。

 

毛根がダメージを負っているのです。

 

もしあなた自身がこのような状態を自覚しるのであれば、

すぐにでも対処をすることをおすすめします。

 

 

では、具体的にはどうするのが良いのか?

 

それは頭皮に対する血液の流れを良くすることが第一です。

 

というのも、この症状は頭皮に十分な栄養が行き渡らないために起こる症状です。

 

 

私達の体の中で、血液を送るのに最も力が必要とされるのはどこなのか?

 

いうまでも無く一番上にある頭皮ですよね?

 

ですので、血行不良の症状が出やすいのは頭皮が最初と言われているのです。

 

頭皮の血行を良くするために重要なのは、アミノ酸が最適と言われています。

 

もともとアミノ酸は人間のエネルギーとなる成分であり、

肉類等によく含まれています。

 

また、疲れが取れやすくなるといった効果があるとも言われています。

 

これはなんとなくイメージが出来るのではないでしょうか?

 

このアミノ酸を摂取することで血行がよくなるとされていますので、

実際に育毛剤やシャンプーに使用されています。

 

また、少しジャンルは違いますが、血行不良を解消するという目的で

精力剤なんかにも豊富に含まれているという特徴がありますね。

 

このように頭皮のフケを解消するには、

アミノ酸が重要なウェイトを占めており、

その目的は血行を解消するといったイメージになります。

 

 

 

 

 

タグ :   

頭皮とフケ    コメント:0