頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

頭皮の赤みと脂漏性皮膚炎とは?こんな注意が必要!?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤くなっているということは、

何らかの原因で頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

 

実は、頭皮の炎症にはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する

ことによって起こるとされています。

 

 

マラセチア菌とは、皮脂を栄養にしているカビであり、

これが頭皮に以上に繁殖してしまうことにより頭皮の健康状態が悪くなります。

 

実はこのマラセチア菌によって起こる病気は、

脂漏性皮膚炎、癜風の2つが考えられます。

 

脂漏性皮膚炎とは・・・?

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り皮膚が炎症を起こすことによって起こる症状であり、

かゆみなどの症状を伴います。

 

 

そして、炎症を起こしているため、頭皮が赤くなったりと言った症状が出てきます。

 

最も判断しやすいのはフケとかゆみです。

 

フケは脂漏性皮膚炎によって、頭皮が乾燥しやすくなることによって起こり、

皮膚の上に存在する皮脂が乾燥によって固形化し、落ちてくる症状とされています。

 

健全な頭皮であれば、フケが多量に落ちてくる・・・

なんてことはまずありません。

 

ですので、毎日清潔にしているのにフケが何故か多い・・・。

 

このような症状に心当たりがある場合は、聖籠性皮膚炎の可能性があります。

 

また、皮膚が炎症を起こしているために、かゆみなどの症状も感じられます。

 

症状がひどい人は、知らず知らずのうちに頭皮を掻いてしまうクセが出てきますし、

掻きすぎると出血、瘡蓋ができてしまう等の症状も報告されています。

 

繰り返しになりますが、

脂漏性皮膚炎はあくまで頭皮が炎症を起こしている症状であり、

比較的判断が容易と言われています。

 

癜風とは?

 

これに対して癜風とは、マラセチア菌が皮膚の内部に侵入し、

それに対して皮膚が反応してしまうといういわゆる感染症の一種とされています。

 

 

感染症であれば、体が異常反応を起こし、ブツブツが出てくるなどの症状が目立ちます。

 

また、色素異常を起こすため、シミなどの症状を伴ってきます。

 

脂漏性皮膚炎との大きな違いは、かゆみやフケを感じない人が多いという点です。

 

ですので、癜風は脂漏性皮膚炎と比較して判断しにくいことや、

自分自身が気づいていないというパターンも多いようです。

 

また、頭皮に多いとされる脂漏性皮膚炎に対して、

癜風は頭皮のほか、上腕、胸部、背中などに現れることもあり、範囲が広いといったイメージです。

 


 

以上が2つの特徴になります。

 

 

マラセチア菌の繁殖をさせないためには??

 

では、マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはどのようにしていけば良いのか?

 

その答えは血流を良くすることです。

 

 

もともと頭皮の赤みによる炎症は、血流悪化によって、

皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌が繁殖することが原因です。

 

皮脂が過剰分泌される原因は、血流が悪くなっていることによって、

皮膚が異常信号を発することが原因です。

 

ですが逆を言えば、血流が安定し、頭皮に十分な栄養がいきわたっているのであれば、

そもそも皮脂が過剰分泌されることもなく、マラセチア菌が繁殖することもなくなります。

 

ですので、大本の原因である血流を改善するのが一番の近道と言えるでしょう。

 

血流を改善させるために必要なもの。

 

それは主にアミノ酸と言われています。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなるのに重要な栄養素であり、

血流を安定させるなどの効果があり、さまざまな健康食品に利用されています。

 

最もわかりやすいものと言えば、edを改善するための精力剤などです。

 

アミノ酸を多量に配合した精力剤を使用することで、

血流を良くし、体全体の健康を良くしていくとともに、

edの治療にも役立つと言われています。

 

このアミノ酸を活用したものが育毛シャンプーです。

 

アミノ酸を豊富に含んだシャンプーを頭皮に直接塗布することで、

頭皮の血流を安定させることができます。

 

 

アミノ酸配合のシャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ 頭皮と病気    コメント:0

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0

頭皮の赤いことによるかさぶたは問題あり!?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮が赤くなっているということは、頭皮が炎症を起こしている可能性が高く、

それに伴って頭皮が乾燥している可能性が高いです。

 

 

これによって伴う症状とは・・・。

 

大きく言えば、痒みとフケです。

 

これらは両方共かなり厄介であり、

私自身も経験したことがあるためわかりますが、

知らないうちに頭を掻くクセが出てしまっており、

フケがかなりスーツの後頭部に目立つようになっていました。

 

それによってかさぶたになっていることもありました。

 

掻きすぎれば、やはり血が出てしまいますので、

それが悪化した結果なのでしょう。

 

この状態は非常に厄介です。

 

頭皮が何者からも守れられていないことを意味しますから。

 

 

まあその後は想像がつく方もいると思いますが、

毛根がダメージを受けているため、抜け毛がひどくなってきました。

 

これは叩かれるかもしれませんが、

仕事も忙しかったこともあり、なんにも対処せずに1年近くほったらかしていました。

 

その結果どうなったのか?

 

まあ言うまでもありませんよね?

 

もともと整髪料をつけていたのですが、

セットするのが難しくなるぐらい髪の毛が薄くなってきたんですよね。

 

 

しかも、かさぶたになったところが普通に見えてきてしまうという・・・。

 

傍から見れば、やばいんじゃないか?って思われても不思議じゃありませんよね。

 

これが私自身のかゆみによるかさぶたの経験です。

 

ですので、この記事を見てくださった方。

 

敢えて言いますが、放っておくとマジで危険ですよ!!

 

 

 

 

 

タグ :     

頭皮の赤みその他 頭皮と病気    コメント:0

頭皮が赤いのは円形脱毛症につながるの??

読了までの目安時間:約 2分

 

頭皮の赤みは、頭皮の血行が悪化している大きな証拠であり、
頭皮がダメージを受ける原因となります。

 

 

ダメージを受けた頭皮は、乾燥、炎症を伴いますし、

痒みなども併発するため、結果的に抜け毛、薄毛の症状が加速していってしまいます。

 

ですので、これらの症状に心あたりがある場合は、

先送りにせずに、早急に対策することをおすすめします。

 

ちなみに、これらの症状が加速していった場合にどうなってしまうのか?

 

それは、円形脱毛症などの症状にもつながるということです。

 

 

私は早めに対応していたのでそこまで行きませんでしたが、

親子揃って似たような傾向があるのか、

私の母もこのような症状に悩まされていました。

 

そして母のときは、ここまで症状が研究されていなかった時期ですので、

円形脱毛症になってしまいました。

※20年ぐらい前の話ですので、ここまで確かな情報がなかったようです。

 

当時医療機関を受診したら、

やはりストレスやその他の原因によって、頭皮の血行が・・・

ということで完全に円形脱毛症になってしまいました。

 

ですので、円形脱毛症の原因はさまざまありますが、

頭皮が赤くなり、炎症を伴い、乾燥するというプロセスは

一緒ということになりますね。

 

ですので、やはり早めの対処をしておいたほうが

ダメージが少なくなることは間違いありません。

 

 

 

タグ :  

頭皮と病気    コメント:0