頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

頭皮が赤い・・・の治し方。まずは症状の仕組みを知る

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤い・・・ということは、炎症を起こしている可能性が高いです。

 

ですので、その治し方・・・といえば、育毛シャンプーの使用をおすすめしますが、

まずはその仕組みについてご紹介します。

 

 

 

頭皮が赤いのは炎症を起こしている

 

繰り返しになりますが、頭皮が赤いということは、炎症を起こしている可能性が高く、

それによって乾燥などの症状を引き起こします。

 

 

頭皮が乾燥しているということは、頭皮の表面に付着している

皮脂と呼ばれている脂分が固形化し、フケとなって落ちてきます。

 

フケをよく見てみれば分かりますが、なんとなく脂っぽい感じがしませんか?

 

これはもちろん皮脂が固形化しているためであり、

頭皮に必要とされる脂分が落ちてしまっているということになります。

 

もともと皮脂は頭皮を外気や紫外線などから守るために、

重要な役割を持っています。

 

これがフケとなり、落ちてしまったら。

 

もちろん頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

また、炎症を起こしているということは、かゆみも伴う可能性が高いです。

 

これは自覚症状があれば良いのですが、気づかないうちにその症状が重くなってきた場合、

知らず知らずのうちに頭を掻くクセが付いてしまうようです。

 

ですので、場合によっては掻き過ぎてかさぶたが出来てしまう・・・。

 

そんな症状になってしまう方もいます。

 

以上が頭皮が炎症を起こしていることによる主な症状ですが、

これらは放っておくと最終的に抜け毛などの症状につながってしまうため、

気づいたら素早く対応しておくのが望ましいです。

 

頭皮の赤みを改善するにはこれがおすすめ

 

では、頭皮の赤みを解消するのにおすすめできるもの。

 

繰り返しになりますが、育毛シャンプーとなります。

 

 

育毛・・・。

 

そのように聞いた場合、まだ自分はハゲていない!と思われるかもしれませんが、

結論から言ってしまうと、頭皮が赤くなり、炎症を起こしているということは、

放っておくと抜け毛の症状につながってしまいます。

 

ですので、早く対応しておくことに越したことはありません。

 

さて頭皮の炎症に対して育毛シャンプーが適している理由は以下の3つです。

 

  • 血流を改善するアミノ酸
  • 炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム
  • 乾燥、フケを防ぐことができるセンブリエキス

 

殆どの育毛シャンプーにこれらが含まれているためです。

 

まずアミノ酸に関してですが、頭皮の炎症は、

頭皮の周りの血流が悪くなっていることによって起こります。

 

 

血流が悪くなることにより、髪の毛、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなってきます。

 

ですので頭皮の血流を良くすることで大本の原因を改善することができます。

 

また、グリチルリチン酸二カリウムに関してですが、

これは炎症を起こしている頭皮をケアしてくれるようなイメージです。

 

抗炎症成分とされており、すでに炎症を起こしている頭皮に浸透することで

症状を抑えてくれますので、頭皮の赤みを解消するのに役立つでしょう、

 

もともとこのグリチルリチン酸二カリウムは古くから活用されてきた生薬であり、

その有用性は高く、多くの育毛シャンプーで活用されています。

 

そして最後にセンブリエキスに関してです。

 

これもグリチルリチン酸二カリウムと並んでかなりメジャーな生薬の抽出成分です。

 

これは保湿をもたらす効果があると言われており、

炎症によって乾燥してしまった頭皮に保湿効果を持たらし、

かゆみ、フケの症状を防ぐことができます。

 

育毛シャンプーがおすすめとされているのは、頭皮の赤みの大本の原因である血流を改善し、

すでに発症している炎症の症状を緩和してくれるという、二重のケアがされているためです。

 

 

また、価格も1ヶ月分の数量で3,000~4,000円ぐらいに設定されているものが多く、

比較的手頃と言えるのもポイントが高いのかなと。

 

もしあなたがこれらの症状に悩まされており、なんとかしたいと考えているのであれば。

 

育毛シャンプーをまずは試してみると良いでしょう。

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

タグ :      

抜け毛その他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

頭皮の赤みと脂漏性皮膚炎とは?こんな注意が必要!?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤くなっているということは、

何らかの原因で頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

 

実は、頭皮の炎症にはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する

ことによって起こるとされています。

 

 

マラセチア菌とは、皮脂を栄養にしているカビであり、

これが頭皮に以上に繁殖してしまうことにより頭皮の健康状態が悪くなります。

 

実はこのマラセチア菌によって起こる病気は、

脂漏性皮膚炎、癜風の2つが考えられます。

 

脂漏性皮膚炎とは・・・?

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り皮膚が炎症を起こすことによって起こる症状であり、

かゆみなどの症状を伴います。

 

 

そして、炎症を起こしているため、頭皮が赤くなったりと言った症状が出てきます。

 

最も判断しやすいのはフケとかゆみです。

 

フケは脂漏性皮膚炎によって、頭皮が乾燥しやすくなることによって起こり、

皮膚の上に存在する皮脂が乾燥によって固形化し、落ちてくる症状とされています。

 

健全な頭皮であれば、フケが多量に落ちてくる・・・

なんてことはまずありません。

 

ですので、毎日清潔にしているのにフケが何故か多い・・・。

 

このような症状に心当たりがある場合は、聖籠性皮膚炎の可能性があります。

 

また、皮膚が炎症を起こしているために、かゆみなどの症状も感じられます。

 

症状がひどい人は、知らず知らずのうちに頭皮を掻いてしまうクセが出てきますし、

掻きすぎると出血、瘡蓋ができてしまう等の症状も報告されています。

 

繰り返しになりますが、

脂漏性皮膚炎はあくまで頭皮が炎症を起こしている症状であり、

比較的判断が容易と言われています。

 

癜風とは?

 

これに対して癜風とは、マラセチア菌が皮膚の内部に侵入し、

それに対して皮膚が反応してしまうといういわゆる感染症の一種とされています。

 

 

感染症であれば、体が異常反応を起こし、ブツブツが出てくるなどの症状が目立ちます。

 

また、色素異常を起こすため、シミなどの症状を伴ってきます。

 

脂漏性皮膚炎との大きな違いは、かゆみやフケを感じない人が多いという点です。

 

ですので、癜風は脂漏性皮膚炎と比較して判断しにくいことや、

自分自身が気づいていないというパターンも多いようです。

 

また、頭皮に多いとされる脂漏性皮膚炎に対して、

癜風は頭皮のほか、上腕、胸部、背中などに現れることもあり、範囲が広いといったイメージです。

 


 

以上が2つの特徴になります。

 

 

マラセチア菌の繁殖をさせないためには??

 

では、マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはどのようにしていけば良いのか?

 

その答えは血流を良くすることです。

 

 

もともと頭皮の赤みによる炎症は、血流悪化によって、

皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌が繁殖することが原因です。

 

皮脂が過剰分泌される原因は、血流が悪くなっていることによって、

皮膚が異常信号を発することが原因です。

 

ですが逆を言えば、血流が安定し、頭皮に十分な栄養がいきわたっているのであれば、

そもそも皮脂が過剰分泌されることもなく、マラセチア菌が繁殖することもなくなります。

 

ですので、大本の原因である血流を改善するのが一番の近道と言えるでしょう。

 

血流を改善させるために必要なもの。

 

それは主にアミノ酸と言われています。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなるのに重要な栄養素であり、

血流を安定させるなどの効果があり、さまざまな健康食品に利用されています。

 

最もわかりやすいものと言えば、edを改善するための精力剤などです。

 

アミノ酸を多量に配合した精力剤を使用することで、

血流を良くし、体全体の健康を良くしていくとともに、

edの治療にも役立つと言われています。

 

このアミノ酸を活用したものが育毛シャンプーです。

 

アミノ酸を豊富に含んだシャンプーを頭皮に直接塗布することで、

頭皮の血流を安定させることができます。

 

 

アミノ酸配合のシャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ 頭皮と病気    コメント:0

抜け毛、ハゲに悩まされている人の共通点!それは意外にも??

読了までの目安時間:約 7分

 

抜け毛やハゲの症状を伴ってしまう人には一定の共通点があります。

 

 

それは一つだけではありませんが、大まかにご紹介すると、

 

  • 血流が悪くなっている人
  • 頭皮が赤くなっている人
  • フケが多い人

 

などです。

 

例外もありますが、概ねこれらの症状にこころあたりがある人は、

最終的に抜け毛などの症状につながっているようです。

 

では、これらの症状に繋がる根本的な原因はなんでしょうか?

 

それは血流が悪くなっているということに起因します。

 

 

私たちは心臓を起点に各部位に血液を運んでいるのはあなたもご存知でしょう。

 

ですが、血流が悪くなってくることによって、影響が出やすい場所があります。

 

それは頭皮やつま先など、心臓からの位置が遠い部分です。

 

例えば冷え性などの症状を伴っていたり、むくみなどの症状が出てしまう人は、

つま先などから症状を感じやすい・・・。

 

こんな話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

これはもちろん心臓からの位置が遠いことや、

毛細血管が集合している場所ということもあり、

結構が悪くなることの影響を受けやすいということになります。

 

次に頭皮に関してです。

 

ここも心臓から位置が遠いと感じてしまいますが、

実はそうでもないですよね?

 

下半身の方が心臓より遠い位置にありますので、

影響が出やすいように感じます。

 

実は頭皮の場合は人間の一番上の部分にあり、重力の関係上、

血流悪化の影響が出やすいと言われています。

 

 

いかがでしょうか?

 

これらの血流が悪くなりやすい箇所に関しては、

なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

最初にご紹介した抜け毛、薄毛の人の症状に関する共通点。

 

この血流悪化が原因と言われています。

 

逆を言えば、血流を良くし、現在伴っている症状を改善することが、

抜け毛、薄毛の改善につながっていくことになります。

 

育毛シャンプーのすすめ

 

ではここで最もおすすめできるもの。

 

それは育毛シャンプーの使用ということになります。

 

 

育毛シャンプーに含まれているものは、

さまざまな効果を持っている生薬です。

 

例えば頭皮が赤みを帯びている症状。

 

これは炎症を起こしているということになりますが、

育毛シャンプーにはグリチルレチン酸にカリウムと呼ばれる、

甘草から取れるエキスが使用されています。

 

 

これは江戸時代より用いられてきた生薬であり、

炎症を防ぐ効果があると言われています。

 

これをシャンプーとして頭皮に浸透させることで炎症を抑えることができます。

 

次にセンブリエキスです。

 

 

これは保湿効果を得るための生薬とされていますが、

先程の炎症がひどくなってくれば、頭皮が乾燥してしまい、

フケ、痒みなどの症状を伴っていきます。

 

この症状を抑えるためにセンブリエキスの保湿効果は、

非常に相性が良い成分とされており、

これも殆どの育毛系の商品に使用されています。

 

保湿効果を得ることで、少なくともフケが多量に発生すると言った症状を

大きく抑えることができる可能性がありますので、

非常に役立つ生薬といえるのではないでしょうか?

 

これらの2つは例外がないといってもよいほど、

殆どの育毛系の商品に含まれています。

 

では最後に忘れてはいけないもの。

 

それはアミノ酸です。

 

 

アミノ酸についてはご存じの方も多いかもしれませんが、

私達のエネルギーになる成分であり、

肉類などに多く含まれていると言われています。

 

このアミノ酸が最もおすすめできる点。

 

それは血流を良くするという効果です。

 

例えばアミノ酸を多量に含んだサプリメントなどをみたことが荒れば分かりますが、

血流を良くすることで疲労を回復したり、edのような症状の改善に繋がったりと、

幅広く用いられている成分であり、これは育毛シャンプーも例外ではありません。

 

育毛シャンプーにアミノ酸をセットで配合することで血流を良くし、

炎症、フケ、乾燥などの症状を改善することができます。

 

もしあなたが自分自身の頭皮の症状に悩んでいるのであれば、

価格も比較的手頃で継続しやすい育毛シャンプーの仕様から始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら!

 

 

タグ :       

抜け毛と薄毛 頭皮の赤みその他    コメント:0

頭皮の赤みにはアミノ酸を含んだシャンプーがおすすめ!その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤くなっているということは、頭皮が炎症を起こしているということです。

 

この炎症を起こす原因の一つに、血流が悪くなっているというものがあります。

 

 

これを解消するために適しているもの。

 

それはアミノ酸を多量に含んだシャンプーとなります。

 

アミノ酸を配合したシャンプーと言えば、あなたも想像がつくかもしれませんが、

育毛シャンプーという名前で呼ばれています。

 

ではなぜアミノ酸を含んだ育毛シャンプーが

頭皮の赤みと関係があるのか?

 

この点について触れていきたいと思います。

 

頭皮と血流

 

今更言うまでもありませんが、私たちは血液によって、

体内に取り込んだ栄養素が各器官へ運ばれていきます。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

ましてや、頭皮は最も血液を送るのに、重力に逆らう必要があるため、

血流が悪くなりやすい部分でもあります。

 

これはなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

例えば心臓から最も遠い場所であるつま先なんかも、

血流が悪くなりやすく、むくみが出やすくなったりしますよね?

 

頭皮もその例外ではないということになります。

 

では、頭皮に対する血流が悪くなってくるとどうなるのか?

 

もちろん必要な栄養が運ばれていきませんので、

頭皮の細胞が痛みやすくなり、乾燥、炎症と言った症状を伴います。

 

 

これが頭皮が赤みを帯びてくる一番の原因です。

 

頭皮が赤みを帯びている段階であれば、

まだ対処のしようがありますが、これを放っておくとどうなるのか?

 

頭皮の細胞が傷んでいき、最終的には抜け毛や薄毛の症状に

つながってしまうのです。

 

ですので、赤みを帯びた段階で早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

アミノ酸と血流

 

では、先程のアミノ酸と血流にはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

もしかしたらあなた自身ご存知かもしれませんが、

アミノ酸は私達のエネルギー成分と言われており、

その集合体がタンパク質とされています。

 

さて、このアミノ酸は、私達の血流を良くし、

疲労回復などの効果に期待できる成分と言われています。

 

これこそが頭皮の赤みの原因である血行不良と相性が良いのです。

 

例えば、これを活用したものに精力剤なんかがあります。

 

精力剤も原理は同じであり、アミノ酸を体内に取り込むことで血流を良くし、

edなどを回復させるという仕組みになっています。

 

シャンプーの場合は、アミノ酸を多量に含んだシャンプーを使用し、

アミノ酸が頭皮に浸透していくことで頭皮の血流を良くしてくれる

という仕組みになっています。

 

 

育毛シャンプーにアミノ酸が含まれているのはこれです。

 

先程お伝えしたとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

血流の悪化が原因の一つであり、その結果炎症、乾燥を引き起こし、

最終的に抜け毛や薄毛の症状につながります。

 

これを解消するために血流を良くしてくれるのがアミノ酸であり、

この効果を狙って育毛シャンプーにはアミノ酸が含まれているのです。

 

頭皮の赤みやそれに伴う症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

育毛シャンプーを選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングへ

 

タグ :     

頭皮と育毛成分    コメント:0