頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

血行不良によって頭皮が乾燥し、保湿が悪くなる!?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達の頭皮の血行が悪くなってくれば、炎症と乾燥の症状を伴ってしまいます。

 

 

私達は血液によって必要な栄養素が各部位に運ばれていますが、

これは頭皮も例外ではありません。

 

ですので、血行が悪くなってくることによる影響。

 

それは頭皮に必要な栄養素が十分に行き渡りにくくなるというものです。

 

これにより頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

この症状を判断するのに最もわかりやすいもの。

 

それは頭皮が赤くなっていないか?ということと、フケの2つです。

 

 

まず頭皮が赤くなっていないか?に関してですが、

これはなんとなくイメージしやすいかもしれません。

 

炎症を起こしている部分って、赤くなっていますよね?

 

これは頭皮でも例外ではありません。

 

私達の頭皮は普段は肌色、もしくは灰色になっているはずです。

 

赤くなっている人って普通はいないですよね?

 

ですので、赤みを帯びているというのは、炎症を起こしている可能性があり、

乾燥の症状につながっていきます。

 

自分では見えない部分ですので、なかなか気が付かないかもしれません。

 

ですが、この症状を判断しやすくしてくれるのがフケです。

 

 

フケは私達の頭皮に付着している脂分が固形化し、

落ちてくるものです。

 

フケが油っぽい感じがするのは、もちろん頭皮に付着している脂分のためであり、

本来はこの皮脂が頭皮を守る役割の一つとされているのにもかかわらず、

これが落ちてきてしまう。

 

その後どんな症状になってくるのかはもはやイメージするまでもないでしょう。

 

もちろん頭皮のダメージにつながってしまいます。

 

ですので、早めに対処していく必要があります。

 

血行不良を起こしているということは、

殆どの場合これらの症状が関連していきますので、

これらで判断すると良いでしょう。

 

効果的なものはどんなもの?

 

では、これらの症状に対して効果があるのはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛と聞いた場合、自分はまだ禿げていない!と思ってしまうかもしれませんが、

頭皮の血行不良は最終的に頭皮にダメージを負ってしまうということになり、

最終的に抜け毛につながってしまいます。

 

ですので、これらの症状に関して効果的な成分が含まれています。

 

例えば炎症。

 

これには、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草から抽出される成分が有効とされており、

江戸時代から活用されてきた経緯があります。

 

 

殆どの育毛シャンプーに含まれている、言わば定番の成分でもあるため、

頭皮の炎症を防ぐのに非常に効果的ということができます。

 

次に乾燥を防ぐ成分。

 

これはセンブリエキスなどが有効と言われています。

 

これも天然のハーブを用いた成分ですが、頭皮に保湿効果をもたらし、

乾燥及びそれに伴うフケの症状を防ぐことができます。

 

 

このセンブリエキスも多くのシャンプーに使用されている定番成分であり、

従来より有効とされてきた経緯があります。

 

これらの成分が使用されているのが育毛シャンプーであり、

血行不良による症状を抑えることができるでしょう。

 

ですが、ここで気になる点が、価格はどうなの?という点ではないでしょうか?

 

確かに通常のシャンプーに比べれば価格は少々高くなってしまいますが、

成分を濃縮した育毛剤と比較した場合はリーズナブルな価格設定といえます。

 

例えば育毛剤は多くの商品が10,000円を超えるものばかりであり、

高いものであれば20,000円程度になるものも珍しくありません。

 

継続して使用する必要があるにもかかわらず、

この価格設定では難しいのではないでしょうか?

 

それと比較した場合、育毛シャンプーは3,000~4,000円程度であり、

半額以下で購入することができますので、

継続しやすいというメリットがあります。

 

もしあなたが自身の頭皮の血行が悪い可能性がある。

 

そう悩んでいるのであれば、

まずは育毛シャンプーから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

タグ :        

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0

頭皮の赤みにはアミノ酸を含んだシャンプーがおすすめ!その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤くなっているということは、頭皮が炎症を起こしているということです。

 

この炎症を起こす原因の一つに、血流が悪くなっているというものがあります。

 

 

これを解消するために適しているもの。

 

それはアミノ酸を多量に含んだシャンプーとなります。

 

アミノ酸を配合したシャンプーと言えば、あなたも想像がつくかもしれませんが、

育毛シャンプーという名前で呼ばれています。

 

ではなぜアミノ酸を含んだ育毛シャンプーが

頭皮の赤みと関係があるのか?

 

この点について触れていきたいと思います。

 

頭皮と血流

 

今更言うまでもありませんが、私たちは血液によって、

体内に取り込んだ栄養素が各器官へ運ばれていきます。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

ましてや、頭皮は最も血液を送るのに、重力に逆らう必要があるため、

血流が悪くなりやすい部分でもあります。

 

これはなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

例えば心臓から最も遠い場所であるつま先なんかも、

血流が悪くなりやすく、むくみが出やすくなったりしますよね?

 

頭皮もその例外ではないということになります。

 

では、頭皮に対する血流が悪くなってくるとどうなるのか?

 

もちろん必要な栄養が運ばれていきませんので、

頭皮の細胞が痛みやすくなり、乾燥、炎症と言った症状を伴います。

 

 

これが頭皮が赤みを帯びてくる一番の原因です。

 

頭皮が赤みを帯びている段階であれば、

まだ対処のしようがありますが、これを放っておくとどうなるのか?

 

頭皮の細胞が傷んでいき、最終的には抜け毛や薄毛の症状に

つながってしまうのです。

 

ですので、赤みを帯びた段階で早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

アミノ酸と血流

 

では、先程のアミノ酸と血流にはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

もしかしたらあなた自身ご存知かもしれませんが、

アミノ酸は私達のエネルギー成分と言われており、

その集合体がタンパク質とされています。

 

さて、このアミノ酸は、私達の血流を良くし、

疲労回復などの効果に期待できる成分と言われています。

 

これこそが頭皮の赤みの原因である血行不良と相性が良いのです。

 

例えば、これを活用したものに精力剤なんかがあります。

 

精力剤も原理は同じであり、アミノ酸を体内に取り込むことで血流を良くし、

edなどを回復させるという仕組みになっています。

 

シャンプーの場合は、アミノ酸を多量に含んだシャンプーを使用し、

アミノ酸が頭皮に浸透していくことで頭皮の血流を良くしてくれる

という仕組みになっています。

 

 

育毛シャンプーにアミノ酸が含まれているのはこれです。

 

先程お伝えしたとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

血流の悪化が原因の一つであり、その結果炎症、乾燥を引き起こし、

最終的に抜け毛や薄毛の症状につながります。

 

これを解消するために血流を良くしてくれるのがアミノ酸であり、

この効果を狙って育毛シャンプーにはアミノ酸が含まれているのです。

 

頭皮の赤みやそれに伴う症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

育毛シャンプーを選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングへ

 

タグ :     

頭皮と育毛成分    コメント:0

頭皮が赤いときに育毛剤を使用するべきなの?詳細はどうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、血行不良や炎症を起こし、

抜け毛や薄毛につながっていくとされています。

 

ですので、これを解消するためには、

一般的には育毛剤を使用するのが良いと言われています。

 

ですが、ここで考えてみてほしいのが、あなたの頭皮の状態です。

 

 

例えば抜け毛や薄毛に悩まされているのであれば、

ぶっちゃけ症状が重い方だと思います。

 

ですので、育毛剤を使用することに関しては問題ないといえるでしょう。

 

ですが、もし頭皮が赤い、フケがちょっと多いかもという場合、

まだ症状が軽い可能性もあります。

 

そこでまずは考えてほしいのが育毛成分を含んだシャンプーの活用です。

 

 

繰り返しになりますが、育毛シャンプーは育毛成分を含んでいますが、

成分量という点では育毛剤には今一歩及びません、

 

ですので、時間がかかってしまう可能性もあります。

 

よって症状が重い人向けではないのですが、

まだ抜け毛が目立っていないのであれば試してみてもよいのかな?

という印象です。

 

ではなぜ育毛剤よりも育毛シャンプーを先に試しておいたほうが良いのでしょうか?

 

育毛剤と育毛シャンプー

 

まず大きく違うのが価格設定です。

 

育毛剤はどんなに安いものでも10,000円程度です。

 

それも1ヶ月分の数量でこの価格設定です。

 

 

 

確かに成分量という点では育毛シャンプーよりも優れているのは間違いありませんが、

この手の商品で最も気をつけなければならないこと。

 

それは継続使用を前提にしているということです。

 

とある育毛剤では、半年間の強制購入を義務付けているようですが、

これは効果を実感できる最も遅い期間なのだとか。

 

であれば、半年間は毎月1万円ずつの経費が発生しますが、

なかなか難しいという人も多いのではないでしょうか?

 

 

これに対して、育毛シャンプーは殆どの商品が3,000円程度で購入することができます。

 

もちろん1ヶ月分の数量に対してです。

 

つまり半額以下の価格で購入することができますので、

まずは試してみようという方にうってつけの商品と言えるのではないでしょうか?

 

価格が高く、継続するのが難しいという人も多いのが育毛剤であり、

価格は安く継続しやすいのですが、成分量で劣るのが育毛シャンプー

と言った位置付けと言えるでしょう。

 

 

次に成分に関してです。

 

ぶっちゃけ、育毛シャンプーと育毛剤は含んでいる成分は殆ど変わりません。

 

数量が多いか少ないか、洗い流すものか、そうではないか。

 

そういった違いですので、成分に関しては比較する必要がありません。

 

もしかしたらあなたもご存知かもしれませんが、含んでいる成分は、

アミノ酸やグリチルリチン酸二カリウム、センブリエキスといったものです。

 

これらは炎症を防いだり、保湿を強化したり、頭皮の血流を良くしてくれたり

という効果があり、抜け毛の予防に役立つとされています。

 

はい、これらの成分は育毛シャンプーにもきちんと含まれているのです。

 

 

ですので、抜け毛が目立ち、明らかに薄くなっているような症状であれば、

確かに育毛剤のほうが良いと考えてしまいますが、

最初にお伝えしたとおり、赤み、ふけといった初期の段階では、

まずは育毛剤を試して様子を見てもよいのかな?と思います。

 

以上が育毛シャンプーと育毛剤の違いと見解になります。

 

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

タグ :     

頭皮の赤みその他    コメント:0

頭皮のフケは皮脂だった!?皮脂が分泌される要因とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が血行不良を起こしている場合、最終的に抜け毛や薄毛につながっていきますが、

その前段階としてフケやかゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

ではこのフケが多量に出やすくなるのは、どのような仕組みによるものなのでしょうか?

 

今回はフケについて触れていきたいと思います。

 

実はフケの正体は皮脂だった!?

 

フケは皮脂が過剰に分泌されることによって頭皮から落ちてくるものです。

 

 

私達の皮膚は皮脂によって守られているのはあなたもご存知かもしれません。

 

皮膚の表面が皮脂に覆われていることで、外気や紫外線といった、

外的要因から皮膚を守ることができるのです。

 

ですので、皮脂は私達の皮膚を位守るために無くてはならないものです。

 

実はこの皮脂は、私達の体の仕組み上、

一定のレベルの状態で分泌されるように保たれています。

 

つまり多すぎず少なすぎずという状態で保たれています。

 

ですが、この一定のレベルが崩れることもあります。

 

それは、血行不良などで十分に栄養が行き渡らなくなっている場合などが

その原因として考えられます。

 

この場合、外的要因から皮膚を守るために、皮脂を多めに分泌するという作用が働きます。

 

 

これが皮脂が過剰に分泌される原因になります。

 

また、頭皮が血行不良を起こしている状態では、

十分な湿度が確保されずに乾燥しやすくなってしまい、

皮脂が固形化しやすくなってしまうのです。

 

皮脂が過剰に分泌され、頭皮に必要以上に付着し、乾燥してしまうことで、

フケとなって頭から落ちてしまうのです。

 

これがフケの正体であり、その原因となります。

 

これは頭皮に限らず、他の部位でも同じことが言えますね。

 

例えば皮膚が乾燥していたり、こすったりすると白い粉が出て来る・・・

こんな経験をしたことがある人は多いと思います。

 

これも皮脂であり、摩擦や乾燥によって固形化された皮脂ということです。

 

まずは血行不良と保湿から

 

この皮脂が過剰に分泌されるという症状は、私達の体の仕組み上防ぐことは困難です。

 

 

であればどのように対策を練っていくか。

 

それは、血行不良を解消する成分、そして保湿成分を

豊富に含んだシャンプーを使ってみるということになります。

 

つまり、育毛シャンプーということになりますね。

 

育毛・・・と言われればあまり聞こえが良くないかもしれませんが、

これらの症状に最適な成分を豊富に含んでいるため、フケ、かゆみの解消につながります。

 

忘れてはいけないのが、この症状は毛根を痛めることになり、

いずれ抜け毛や薄毛につながってしまうという点です。

 

赤みやフケが出ている段階ではそこまでひどい状態というわけではないため、

育毛シャンプーなどでも対処ができる可能性があります。

 

なにより、強力で高額である育毛剤と比較して、

半額以下の価格で購入できるというのが多いなメリットです。

 

育毛剤は成分を濃縮している分価格も高く、

10,000円を超えることも珍しくありません。

 

それと比較した場合、育毛シャンプーはほとんどのものが

3,000円程度で購入することができますので、

金銭的な負担もそこまで大きくないと思います。

 

ですので、まずは最初に育毛シャンプーによる血行不良の解消、

保湿成分の浸透を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ    コメント:0

頭皮の赤みは臭いを伴う!?どうしてなの?

読了までの目安時間:約 2分

 

頭皮が赤みを帯びている場合は、炎症を起こしている可能性があり、

それに伴って臭いが出てくる場合もあります。

 

 

これは皮脂の臭いと言われ、油っぽい臭いがします。

 

頭皮が炎症を起こすのは、血流が悪化し、

頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなるという原因によって起こります。

 

この状態になった場合は、皮脂と呼ばれる頭皮を守る脂

過剰に分泌されやすくなります。

 

その結果、脂のような臭いが発生しやすくなるのです。

 

また、皮膚が摩擦を起こすため、

ほんの少しですが焦げたような臭いがするという人もいます。

 

 

もちろん周囲の人は気づきにくいようなレベルですので、

そこまで重要というほどでもありませんが、

この症状は放っておくと後々抜け毛の症状につながるため、

早めに対策をしておいたほうが良いでしょう。

 

では、どのようなケアをしていけばよいのでしょうか?

 

この症状の段階では、抜け毛、薄毛の症状がそれほどひどいわけではないため、

成分量が多く、高額な育毛剤を使用するよりも、

安価で手に入り、継続しやすい育毛シャンプーのほうがおすすめです。

 

少なくとも育毛剤の3分の1程度の価格で購入することができるため、

まずはそちらのほうから試してはいかがでしょうか?

 

育毛シャンプーのランキングはこちら

 

タグ :   

頭皮の赤みその他 抜け毛その他    コメント:0