頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0

頭皮が赤いときに育毛剤を使用するべきなの?詳細はどうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、血行不良や炎症を起こし、

抜け毛や薄毛につながっていくとされています。

 

ですので、これを解消するためには、

一般的には育毛剤を使用するのが良いと言われています。

 

ですが、ここで考えてみてほしいのが、あなたの頭皮の状態です。

 

 

例えば抜け毛や薄毛に悩まされているのであれば、

ぶっちゃけ症状が重い方だと思います。

 

ですので、育毛剤を使用することに関しては問題ないといえるでしょう。

 

ですが、もし頭皮が赤い、フケがちょっと多いかもという場合、

まだ症状が軽い可能性もあります。

 

そこでまずは考えてほしいのが育毛成分を含んだシャンプーの活用です。

 

 

繰り返しになりますが、育毛シャンプーは育毛成分を含んでいますが、

成分量という点では育毛剤には今一歩及びません、

 

ですので、時間がかかってしまう可能性もあります。

 

よって症状が重い人向けではないのですが、

まだ抜け毛が目立っていないのであれば試してみてもよいのかな?

という印象です。

 

ではなぜ育毛剤よりも育毛シャンプーを先に試しておいたほうが良いのでしょうか?

 

育毛剤と育毛シャンプー

 

まず大きく違うのが価格設定です。

 

育毛剤はどんなに安いものでも10,000円程度です。

 

それも1ヶ月分の数量でこの価格設定です。

 

 

 

確かに成分量という点では育毛シャンプーよりも優れているのは間違いありませんが、

この手の商品で最も気をつけなければならないこと。

 

それは継続使用を前提にしているということです。

 

とある育毛剤では、半年間の強制購入を義務付けているようですが、

これは効果を実感できる最も遅い期間なのだとか。

 

であれば、半年間は毎月1万円ずつの経費が発生しますが、

なかなか難しいという人も多いのではないでしょうか?

 

 

これに対して、育毛シャンプーは殆どの商品が3,000円程度で購入することができます。

 

もちろん1ヶ月分の数量に対してです。

 

つまり半額以下の価格で購入することができますので、

まずは試してみようという方にうってつけの商品と言えるのではないでしょうか?

 

価格が高く、継続するのが難しいという人も多いのが育毛剤であり、

価格は安く継続しやすいのですが、成分量で劣るのが育毛シャンプー

と言った位置付けと言えるでしょう。

 

 

次に成分に関してです。

 

ぶっちゃけ、育毛シャンプーと育毛剤は含んでいる成分は殆ど変わりません。

 

数量が多いか少ないか、洗い流すものか、そうではないか。

 

そういった違いですので、成分に関しては比較する必要がありません。

 

もしかしたらあなたもご存知かもしれませんが、含んでいる成分は、

アミノ酸やグリチルリチン酸二カリウム、センブリエキスといったものです。

 

これらは炎症を防いだり、保湿を強化したり、頭皮の血流を良くしてくれたり

という効果があり、抜け毛の予防に役立つとされています。

 

はい、これらの成分は育毛シャンプーにもきちんと含まれているのです。

 

 

ですので、抜け毛が目立ち、明らかに薄くなっているような症状であれば、

確かに育毛剤のほうが良いと考えてしまいますが、

最初にお伝えしたとおり、赤み、ふけといった初期の段階では、

まずは育毛剤を試して様子を見てもよいのかな?と思います。

 

以上が育毛シャンプーと育毛剤の違いと見解になります。

 

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

タグ :     

頭皮の赤みその他    コメント:0

頭皮の赤みで育毛剤を使用する前に知っておきたいこと

読了までの目安時間:約 3分

 

頭皮の赤みが目立ち始め、フケやかゆみといった症状が出ているのであれば、

抜け毛、薄毛のサインであり、放っておくと後々大変なダメージになります。

 

 

私自身、この抜け毛のサイクルを経験しましたので、

それをもとに言うと、本当に早めに対処しておくのが望ましいです。

 

とは言え、ここで気をつけておきたいのが、

育毛剤を使用するのか?育毛シャンプーを使用するのか?という点です。

 

 

まず知っておきたいのが育毛剤と育毛シャンプーの違いについてです。

 

これらはぶっちゃけて言うと、

含まれている成分に大きな違いはなく、純度などが違うぐらいです。

 

もちろん例外もありますが、

概ねこのようなイメージで問題ないでしょう。

 

大きく異なるのが価格設定です。

 

育毛剤のほうが成分の量、種類に優れているというメリットがある分、

価格が高く、10,000円を超えるものも珍しくありません。

 

逆に育毛シャンプーはそもそも髪の洗浄を目的としていますので、

成分量、種類ともに育毛剤よりは少ないのですが、

価格も2,000~4,000円程度と比較的リーズナブルです。

 

これらの特徴を踏まえてみると、

まずはあなたの頭皮の状況がどれだけなのか?ということです。

 

抜け毛、薄毛の症状がとても目立っているのであれば迷わず育毛剤でも良いのですが、

赤みを帯び、フケやかゆみといった症状でまだ抜け毛があまり目立っていないのであれば、

まずはリーズナブルな育毛シャンプーから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

タグ :    

頭皮の赤みその他    コメント:0