頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0

頭皮の赤みが進んでくるとこんな症状も伴う!?

読了までの目安時間:約 7分

 

頭皮の赤みは決して良い状態とはいえません。

 

 

これはあなた自身の血流が悪くなってくることにより現れてくる症状ですので、

頭皮に限らず、健康に良いとは言えないでしょう。

 

血流が悪くないr、頭皮が赤くなっているということは、

最終的には抜け毛やハゲの症状につながってしまうため、

もし自分自身で血流が悪くなっていることに気づいているのであれば、

早めに対処しておくことが望ましいでしょう。

 

では、頭皮が赤くなっている場合、どのような症状が伴ってしまうのでしょうか?

 

それはフケと痒みです。

 

 

これは頭皮が炎症によって起こる症状と言われています。

 

赤くなっている=炎症を起こしていると考えて良いでしょう。

 

頭皮が炎症を起こしているということは、頭皮の水分がなくなり、

乾燥しやすくなってしまいます。

 

こうなると、頭皮を守るためにある脂分(一般的には皮脂と呼ばれています)が、

固形化してしまい、頭皮から落ちてしまいます。

 

これがいわゆるフケです。

 

 

フケをきちんと見れば分かりますが、(あまり見たいとも思わないでしょうが)

なんとなく脂っぽい感じがしませんか?

 

これはもちろん頭皮を守るための脂分であるためです。

 

そしてフケの厄介なところ。

 

言うまでもありませんが、見た目の不潔感です。

 

これはあなた自身がフケが多い人を見たことがあればわかると思います。

 

フケが多い人って、少なくとも清潔に見えませんよね?

 

 

不潔だと考えていないとしても、少なくとも清潔な印象は与えないでしょうし、

自分自身もそうは思わないはずです。

 

また、見た目とは別の意味でも深刻な症状と言えます。

 

本来頭皮を守るために必要な皮脂が頭皮から落ちてしまう・・・。

 

となれば、頭皮の細胞が外気や紫外線にそのままさらされてしまうのです。

 

つまり、頭皮が外的要因から受けるダメージが大きくなってしまいます。

 

これが頭皮が痛みやすくなる原因であり、毛母細胞がダメージを負ってしまうのです。

 

次に痒みになります。

 

これもなんとなくイメージしやすいかもしれませんが、

頭皮が外気に晒されやすくなっているということや、炎症を起こしていること。

 

そして乾燥の症状。

 

これらの原因が組み合わされれば、頭皮は痒みを伴ってきます。

 

例えば冬の季節をイメージしてみてください。

 

 

乾燥肌の人は何となく分かるかもしれませんが、

夏よりも冬の方が乾燥していますので、普段よりも皮膚が痒くなったりしませんか?

 

そして知らないうちに皮膚を掻いている。

 

乾燥肌の人ほどこのような経験をしていると思います。

 

実際、私自身が乾燥肌ですので、この症状によく悩まされていますので、

冬という季節自体があまり好きではありません。

 

子どもたちは雪遊びができて大変満足なようですが(笑)

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、乾燥によって皮膚が痒くなるのは、

頭皮も例外ではないということになります。

 

ましてや皮脂が少なくなり、炎症を起こしており、更に乾燥もしている。

 

こうなると痒みを伴わないわけがありません。

 

この症状がひどい人であれば、

知らず知らずのうちに頭を掻く癖がついてしまうようです。

 

 

さて、かゆみとフケ、なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

 

では、この症状に対応するにはどうすればよいのか?

 

その答えは育毛シャンプーということになります。

 

 

あなた自身ご存知かもしれませんが、育毛シャンプーには、

センブリエキス、グリチルリチン酸といった天然の生薬が使用されています。

 

そしてこれには炎症を防ぐ効果、乾燥を防ぐ効果があると言われており、

この頭皮の赤みに対して非常に相性の良い成分とされています。

 

また、育毛シャンプーは比較的手頃な価格設定であり、

3,000円程度で購入することができ、継続していくという点でも、

優れているということができるでしょう。

 

最初にお伝えしたとおり、頭皮の赤みは最終的に抜け毛、

ハゲといった症状につながっていきます。

 

ですので、早めの対策をしていけば、

頭皮が大ダメージを受けると言うのを防ぐことができるでしょう。

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら

 

タグ :     

頭皮と育毛成分    コメント:0

頭皮の赤みにはアミノ酸を含んだシャンプーがおすすめ!その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤くなっているということは、頭皮が炎症を起こしているということです。

 

この炎症を起こす原因の一つに、血流が悪くなっているというものがあります。

 

 

これを解消するために適しているもの。

 

それはアミノ酸を多量に含んだシャンプーとなります。

 

アミノ酸を配合したシャンプーと言えば、あなたも想像がつくかもしれませんが、

育毛シャンプーという名前で呼ばれています。

 

ではなぜアミノ酸を含んだ育毛シャンプーが

頭皮の赤みと関係があるのか?

 

この点について触れていきたいと思います。

 

頭皮と血流

 

今更言うまでもありませんが、私たちは血液によって、

体内に取り込んだ栄養素が各器官へ運ばれていきます。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

ましてや、頭皮は最も血液を送るのに、重力に逆らう必要があるため、

血流が悪くなりやすい部分でもあります。

 

これはなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

例えば心臓から最も遠い場所であるつま先なんかも、

血流が悪くなりやすく、むくみが出やすくなったりしますよね?

 

頭皮もその例外ではないということになります。

 

では、頭皮に対する血流が悪くなってくるとどうなるのか?

 

もちろん必要な栄養が運ばれていきませんので、

頭皮の細胞が痛みやすくなり、乾燥、炎症と言った症状を伴います。

 

 

これが頭皮が赤みを帯びてくる一番の原因です。

 

頭皮が赤みを帯びている段階であれば、

まだ対処のしようがありますが、これを放っておくとどうなるのか?

 

頭皮の細胞が傷んでいき、最終的には抜け毛や薄毛の症状に

つながってしまうのです。

 

ですので、赤みを帯びた段階で早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

アミノ酸と血流

 

では、先程のアミノ酸と血流にはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

もしかしたらあなた自身ご存知かもしれませんが、

アミノ酸は私達のエネルギー成分と言われており、

その集合体がタンパク質とされています。

 

さて、このアミノ酸は、私達の血流を良くし、

疲労回復などの効果に期待できる成分と言われています。

 

これこそが頭皮の赤みの原因である血行不良と相性が良いのです。

 

例えば、これを活用したものに精力剤なんかがあります。

 

精力剤も原理は同じであり、アミノ酸を体内に取り込むことで血流を良くし、

edなどを回復させるという仕組みになっています。

 

シャンプーの場合は、アミノ酸を多量に含んだシャンプーを使用し、

アミノ酸が頭皮に浸透していくことで頭皮の血流を良くしてくれる

という仕組みになっています。

 

 

育毛シャンプーにアミノ酸が含まれているのはこれです。

 

先程お伝えしたとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

血流の悪化が原因の一つであり、その結果炎症、乾燥を引き起こし、

最終的に抜け毛や薄毛の症状につながります。

 

これを解消するために血流を良くしてくれるのがアミノ酸であり、

この効果を狙って育毛シャンプーにはアミノ酸が含まれているのです。

 

頭皮の赤みやそれに伴う症状に少しでも心あたりがあるのであれば、

育毛シャンプーを選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングへ

 

タグ :     

頭皮と育毛成分    コメント:0