頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

頭皮が赤い・・・の治し方。まずは症状の仕組みを知る

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤い・・・ということは、炎症を起こしている可能性が高いです。

 

ですので、その治し方・・・といえば、育毛シャンプーの使用をおすすめしますが、

まずはその仕組みについてご紹介します。

 

 

 

頭皮が赤いのは炎症を起こしている

 

繰り返しになりますが、頭皮が赤いということは、炎症を起こしている可能性が高く、

それによって乾燥などの症状を引き起こします。

 

 

頭皮が乾燥しているということは、頭皮の表面に付着している

皮脂と呼ばれている脂分が固形化し、フケとなって落ちてきます。

 

フケをよく見てみれば分かりますが、なんとなく脂っぽい感じがしませんか?

 

これはもちろん皮脂が固形化しているためであり、

頭皮に必要とされる脂分が落ちてしまっているということになります。

 

もともと皮脂は頭皮を外気や紫外線などから守るために、

重要な役割を持っています。

 

これがフケとなり、落ちてしまったら。

 

もちろん頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

また、炎症を起こしているということは、かゆみも伴う可能性が高いです。

 

これは自覚症状があれば良いのですが、気づかないうちにその症状が重くなってきた場合、

知らず知らずのうちに頭を掻くクセが付いてしまうようです。

 

ですので、場合によっては掻き過ぎてかさぶたが出来てしまう・・・。

 

そんな症状になってしまう方もいます。

 

以上が頭皮が炎症を起こしていることによる主な症状ですが、

これらは放っておくと最終的に抜け毛などの症状につながってしまうため、

気づいたら素早く対応しておくのが望ましいです。

 

頭皮の赤みを改善するにはこれがおすすめ

 

では、頭皮の赤みを解消するのにおすすめできるもの。

 

繰り返しになりますが、育毛シャンプーとなります。

 

 

育毛・・・。

 

そのように聞いた場合、まだ自分はハゲていない!と思われるかもしれませんが、

結論から言ってしまうと、頭皮が赤くなり、炎症を起こしているということは、

放っておくと抜け毛の症状につながってしまいます。

 

ですので、早く対応しておくことに越したことはありません。

 

さて頭皮の炎症に対して育毛シャンプーが適している理由は以下の3つです。

 

  • 血流を改善するアミノ酸
  • 炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム
  • 乾燥、フケを防ぐことができるセンブリエキス

 

殆どの育毛シャンプーにこれらが含まれているためです。

 

まずアミノ酸に関してですが、頭皮の炎症は、

頭皮の周りの血流が悪くなっていることによって起こります。

 

 

血流が悪くなることにより、髪の毛、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなってきます。

 

ですので頭皮の血流を良くすることで大本の原因を改善することができます。

 

また、グリチルリチン酸二カリウムに関してですが、

これは炎症を起こしている頭皮をケアしてくれるようなイメージです。

 

抗炎症成分とされており、すでに炎症を起こしている頭皮に浸透することで

症状を抑えてくれますので、頭皮の赤みを解消するのに役立つでしょう、

 

もともとこのグリチルリチン酸二カリウムは古くから活用されてきた生薬であり、

その有用性は高く、多くの育毛シャンプーで活用されています。

 

そして最後にセンブリエキスに関してです。

 

これもグリチルリチン酸二カリウムと並んでかなりメジャーな生薬の抽出成分です。

 

これは保湿をもたらす効果があると言われており、

炎症によって乾燥してしまった頭皮に保湿効果を持たらし、

かゆみ、フケの症状を防ぐことができます。

 

育毛シャンプーがおすすめとされているのは、頭皮の赤みの大本の原因である血流を改善し、

すでに発症している炎症の症状を緩和してくれるという、二重のケアがされているためです。

 

 

また、価格も1ヶ月分の数量で3,000~4,000円ぐらいに設定されているものが多く、

比較的手頃と言えるのもポイントが高いのかなと。

 

もしあなたがこれらの症状に悩まされており、なんとかしたいと考えているのであれば。

 

育毛シャンプーをまずは試してみると良いでしょう。

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

タグ :      

抜け毛その他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

頭皮が赤い、臭いもしかしたら皮膚炎かも!?その正体は?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤いということは、頭皮が炎症を起こしている可能性がありますが、

臭うのであれば思いあたるのはカビ菌による炎症です。

 

 

赤いだけであれば、日焼けによる炎症、血行不良による炎症などですが、

臭いも伴っているとなれば、放っておくと抜け毛などの大ダメージにつながります。

 

というのも、このカビ菌はマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

このカビが大量に繁殖する事によって頭皮に悪影響を及ぼします。

 

このマラセチア菌は酸を多量に放出するという特徴があり、

この酸が頭皮に降り注ぐことで炎症を引き起こしてしまうためです。

 

これによって伴う症状は、

乾燥によるフケ、かゆみ、かさぶたなどが該当します。

 

 

少しでもこれらの症状に心あたりがある場合は、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

では、頭皮の赤みと臭いにはどのような関係があるのでしょうか?

 

それは皮脂の過剰分泌です。

 

皮脂は私達の皮膚の表面に付着しているものであり、

これによって外気、紫外線などから皮膚を守ってくれます。

 

これは頭皮であっても例外ではありません。

 

この皮脂は常に一定のレベルになるように保たれていると言われており、

私達の無意識下でコントロールされています。

 

ですが、この皮脂が一定のレベルを超えて過剰に分泌される原因があります。

 

それが血行不良によるものです。

 

 

血行不良を私達の体が察知した場合、私達は皮膚を守ろうとして、

皮脂を過剰に分泌するという体の仕組みを持っています。

 

この症状が起こった場合に、皮膚が脂のような臭いを伴ってしまうようです。

 

皮脂と言えば、その名の通り脂成分ですので、

油臭いと感じているのであれば、皮脂の過剰分泌の可能性があります。

 

皮脂の過剰分泌が起こると・・・

皮脂が過剰に分泌されてしまった場合、先程のマラセチア菌が急激に繁殖します。

 

 

実はこのマラセチア菌は皮脂を栄養として繁殖するという特徴があり、

皮膚を守るために皮脂を分泌しているはずが、

このマラセチア菌を増やすことにつながってしまいます。

 

繰り返しになりますが、マラセチア菌は酸を放出するという特徴があるため、

皮脂の過剰分泌によって皮膚が却って痛みやすくなってしまうということです。

 

ではマラセチア菌を繁殖させなければいい。

 

こういう結論になりますが、ここで難しいのが、

皮脂の過剰分泌を私達は自分の意思でコントロール出来ないということです。

 

 

ですので、その大本の原因を解消するしかありません。

 

それがアミノ酸配合シャンプーとなります。

 

アミノ酸は私達のエネルギーととなる成分であり、

血流を良くし、疲労回復、健康を維持するなど、重要な成分です。

 

これは健康サプリメントなんかによく使用されているので、

なんとなくイメージできる方も多いのではないでしょうか?

 

頭皮の場合は、頭皮にアミノ酸を配合したシャンプーを使用することで、

血行不良を解消するといった仕組みになります。

 

 

また、アミノ酸シャンプーは別名育毛シャンプーとも言われており、

炎症に伴う乾燥、フケ、痒みを防いでくれるという効果があります。

 

例えば有名なものではセンブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムなどがあります。

 

これらは天然の生薬であり、これをアミノ酸シャンプーにセットで配合することで、

結構改良とともに、その症状を緩和してくれるのです。

 

例えばセンブリエキスは保湿を司る成分と言われており、

乾燥した頭皮に保湿成分を与えることでフケやかゆみを防ぎますし、

グリチルリチン酸二カリウムは炎症を抑える効果があります。

 

これらの生薬をセットで配合することで、

頭皮の赤みによる症状を緩和してくれます。

 

もしあなた頭皮の臭い、赤みに心あたりがあるのであれば、

アミノ酸を配合したシャンプーを使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

頭皮の赤み解消シャンプーランキングはこちら

 

 

 

タグ :     

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

血行不良によって頭皮が乾燥し、保湿が悪くなる!?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達の頭皮の血行が悪くなってくれば、炎症と乾燥の症状を伴ってしまいます。

 

 

私達は血液によって必要な栄養素が各部位に運ばれていますが、

これは頭皮も例外ではありません。

 

ですので、血行が悪くなってくることによる影響。

 

それは頭皮に必要な栄養素が十分に行き渡りにくくなるというものです。

 

これにより頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

この症状を判断するのに最もわかりやすいもの。

 

それは頭皮が赤くなっていないか?ということと、フケの2つです。

 

 

まず頭皮が赤くなっていないか?に関してですが、

これはなんとなくイメージしやすいかもしれません。

 

炎症を起こしている部分って、赤くなっていますよね?

 

これは頭皮でも例外ではありません。

 

私達の頭皮は普段は肌色、もしくは灰色になっているはずです。

 

赤くなっている人って普通はいないですよね?

 

ですので、赤みを帯びているというのは、炎症を起こしている可能性があり、

乾燥の症状につながっていきます。

 

自分では見えない部分ですので、なかなか気が付かないかもしれません。

 

ですが、この症状を判断しやすくしてくれるのがフケです。

 

 

フケは私達の頭皮に付着している脂分が固形化し、

落ちてくるものです。

 

フケが油っぽい感じがするのは、もちろん頭皮に付着している脂分のためであり、

本来はこの皮脂が頭皮を守る役割の一つとされているのにもかかわらず、

これが落ちてきてしまう。

 

その後どんな症状になってくるのかはもはやイメージするまでもないでしょう。

 

もちろん頭皮のダメージにつながってしまいます。

 

ですので、早めに対処していく必要があります。

 

血行不良を起こしているということは、

殆どの場合これらの症状が関連していきますので、

これらで判断すると良いでしょう。

 

効果的なものはどんなもの?

 

では、これらの症状に対して効果があるのはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛と聞いた場合、自分はまだ禿げていない!と思ってしまうかもしれませんが、

頭皮の血行不良は最終的に頭皮にダメージを負ってしまうということになり、

最終的に抜け毛につながってしまいます。

 

ですので、これらの症状に関して効果的な成分が含まれています。

 

例えば炎症。

 

これには、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草から抽出される成分が有効とされており、

江戸時代から活用されてきた経緯があります。

 

 

殆どの育毛シャンプーに含まれている、言わば定番の成分でもあるため、

頭皮の炎症を防ぐのに非常に効果的ということができます。

 

次に乾燥を防ぐ成分。

 

これはセンブリエキスなどが有効と言われています。

 

これも天然のハーブを用いた成分ですが、頭皮に保湿効果をもたらし、

乾燥及びそれに伴うフケの症状を防ぐことができます。

 

 

このセンブリエキスも多くのシャンプーに使用されている定番成分であり、

従来より有効とされてきた経緯があります。

 

これらの成分が使用されているのが育毛シャンプーであり、

血行不良による症状を抑えることができるでしょう。

 

ですが、ここで気になる点が、価格はどうなの?という点ではないでしょうか?

 

確かに通常のシャンプーに比べれば価格は少々高くなってしまいますが、

成分を濃縮した育毛剤と比較した場合はリーズナブルな価格設定といえます。

 

例えば育毛剤は多くの商品が10,000円を超えるものばかりであり、

高いものであれば20,000円程度になるものも珍しくありません。

 

継続して使用する必要があるにもかかわらず、

この価格設定では難しいのではないでしょうか?

 

それと比較した場合、育毛シャンプーは3,000~4,000円程度であり、

半額以下で購入することができますので、

継続しやすいというメリットがあります。

 

もしあなたが自身の頭皮の血行が悪い可能性がある。

 

そう悩んでいるのであれば、

まずは育毛シャンプーから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

タグ :        

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

頭皮の赤みとフケの仕組みとは?実は菌も関係していた!?

読了までの目安時間:約 5分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、

血行不良によって頭皮に十分な栄養が行き渡っていない可能性が高いです。

 

では、この症状。

 

あるカビ(菌)が関係しているのはご存知でしょうか?

 

それはマラセチア菌と呼ばれる菌になります。

 

 

この菌が繁殖することで臭い、痒み、フケといった症状を伴っていくことになるのです。

 

皮脂の仕組みと過剰分泌

 

私達の皮は皮脂と呼ばれる脂分に守られているという特徴があります。

この皮脂があるからこそ私達の皮膚は紫外線や外気などから皮膚を守ることができるのです。

 

 

では先程のマラセチア菌と皮脂にはどのような関係があるのか?

について触れていきたいと思います。

 

まず皮脂は皮膚を守るために自然に分泌されるものですが、

通常は過剰に分泌されるということはありません。

 

常に一定のレベルの量しか分泌されないようになっているのです。

 

ですが、皮膚が乾燥、損傷しやすくなっている状態なのであれば、

この均衡が崩れていきます。

 

つまり、皮脂が必要以上に分泌されてしまうのです。

 

 

先程お伝えしたとおり、皮脂は私達の皮膚を守るために重要な役割を担っており、

一定のレベルで分泌されていますが、皮膚が損傷するのを防ぐために過剰分泌を行うことになります。

 

その結果、必要以上に分泌された皮脂はフケとなって頭皮からボロボロと落ちていくのです。

 

つまりフケとは脂分ということになりますね。

 

あなたの周りの人を見てもらえればわかると思いますが、

フケが多い人って居ませんか?

 

少なくとも私の場合は兄弟がそのような症状を伴っていたので、

すぐにこの仕組がわかってしまいました(笑)

 

これが皮脂の仕組みになっています。

 

一見すると脂分ですのであまり良いイメージがないかもしれませんが、

皮膚を守るために重要な役割を担っていると言えるでしょう。

 

マラセチア菌の繁殖

 

前置きが長くなってしまいましたが、先程お伝えしたマラセチア菌が急激に繁殖される要因。

 

それはこのマラセチア菌が皮脂を栄養としているためです。

 

 

つまり油が大好物というなんとも厄介な性質を持っています。

 

そして、このマラセチア菌は酸を多量に放出するという性質を持っているため、

過剰に繁殖すればするほど頭皮に酸が流れ、炎症を起こしてしまう要因になります。

 

ですので、皮脂を過剰に分泌しようとする私達の体の仕組みが働いているのですが、

それが反ってマラセチア菌を繁殖させてしまい、余計に頭皮を痛めてしまう

という良くないサイクルができてしまうということになりますね。

 

とは言え、頭皮の血行不良を起こしてしまっているのであれば、

皮脂が過剰に分泌されるというのは人間の仕組みとも言える部分ですので、

解決する方法としてはその大本の原因である血行不良を防ぐしか手段がないということになります。

 

もしあなたが頭皮の赤みが気になっている、

あるいは指摘を受けているというような状況であれば、

このマラセチア菌が過剰に繁殖している可能性が高いです。

 

最初にお伝えしたとおり、頭皮の赤みや炎症、そしてフケと言った症状につながっていくため、

早急に改善しておくことが望ましいでしょう。

 

 

 

タグ :    

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他    コメント:0

頭皮が赤い原因はタバコにもある!?どうしてなの?

読了までの目安時間:約 2分

 

頭皮が赤くなるのは血行が悪くなることによって起こる症状です。

 

 

この症状が伴っている場合、頭皮に栄養が行き渡りにくくなっていくため、

炎症、乾燥などの症状を伴い、頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

もちろんこれらは抜け毛、薄毛といった症状につながっていきますので、

早急に対策をしておく必要があります。

 

なお、私はこの段階では価格の高い育毛剤よりも、

価格が比較的手頃な育毛シャンプーでなんとか解消できたため、

最初に試すには育毛シャンプーかなって思います。

 

ランキングはこちら

 

さて、ではこの頭皮が赤くなる原因。

 

どのようなものなのでしょうか?

 

 

実はタバコもその原因の一つと言われています。

 

タバコはもともと動脈硬化などになる可能性が高くなる・・・

というのが箱に書かれていたりしますよね?

 

これはもともと、タバコ自体が血流悪化につながりやすくなる可能性があるためです。

 

頭皮が赤くなるのは血行が悪くなり、

頭皮に十分な栄養がいきわたりにくくなることによって起こる症状ですが、

もちろんタバコもその原因の一つと言われています。

 

タバコを止める・・・。

 

とまで、私から強制することはできませんが、

忘れてはいけないのが、タバコも頭皮の赤みの大きな原因の一つである

ということです。

 

 

 

タグ :    

抜け毛その他    コメント:0

頭皮の赤いは要注意!?早急に治療しておかないと・・・?

読了までの目安時間:約 2分

 

頭皮が赤くなっている人。

 

もしかしたらあなた自身見たことがある、

あるいは自分自身がそうなっているかもしれません。

 

 

この場合は早急に治療なり対策なりをしておくことをおすすめします。

 

というのも、この症状は抜け毛や薄毛につながる打一歩であり、

フケや痒みといった症状を経由し、最終的に抜け毛につながります。

 

人によってはその傾向が早く訪れてしまい、

赤みを帯びている状態から抜け毛の症状を伴っている人もいます。

 

頭皮が赤くなっているのは、決して良い状態ではありません。

 

 

もしあなた自身がそのような状態であれば、

以下のことに心当たりがありませんか?

 

  • 仕事、日常生活においてストレスを感じている
  • 食生活が乱れている
  • 睡眠時間が短い
  • 煙草の本数が多い
  • 不規則な生活をしている

 

これらの原因に心当たりがあり、

更に頭皮が赤いとなれば、早急に対策しておくことをおすすめします。

 

繰り返し言いますが、これらは頭皮の状態が悪化している大きな証拠であり、

最終的に抜け毛や薄毛につながっていく可能性が非常に高いためです。

 

もしあなたがこのような症状を伴っている、

もしくは症状になっている人を牟田ことがあるのであれば、

早急に対策をすることをおすすめします。

 

少なくとも気持ち的にも体的にも良い傾向とは言えません。

 

 

 

 

タグ :    

抜け毛と薄毛 頭皮の赤みその他    コメント:0

頭皮が赤いのは円形脱毛症につながるの??

読了までの目安時間:約 2分

 

頭皮の赤みは、頭皮の血行が悪化している大きな証拠であり、
頭皮がダメージを受ける原因となります。

 

 

ダメージを受けた頭皮は、乾燥、炎症を伴いますし、

痒みなども併発するため、結果的に抜け毛、薄毛の症状が加速していってしまいます。

 

ですので、これらの症状に心あたりがある場合は、

先送りにせずに、早急に対策することをおすすめします。

 

ちなみに、これらの症状が加速していった場合にどうなってしまうのか?

 

それは、円形脱毛症などの症状にもつながるということです。

 

 

私は早めに対応していたのでそこまで行きませんでしたが、

親子揃って似たような傾向があるのか、

私の母もこのような症状に悩まされていました。

 

そして母のときは、ここまで症状が研究されていなかった時期ですので、

円形脱毛症になってしまいました。

※20年ぐらい前の話ですので、ここまで確かな情報がなかったようです。

 

当時医療機関を受診したら、

やはりストレスやその他の原因によって、頭皮の血行が・・・

ということで完全に円形脱毛症になってしまいました。

 

ですので、円形脱毛症の原因はさまざまありますが、

頭皮が赤くなり、炎症を伴い、乾燥するというプロセスは

一緒ということになりますね。

 

ですので、やはり早めの対処をしておいたほうが

ダメージが少なくなることは間違いありません。

 

 

 

タグ :  

頭皮と病気    コメント:0