頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

血行不良によって頭皮が乾燥し、保湿が悪くなる!?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達の頭皮の血行が悪くなってくれば、炎症と乾燥の症状を伴ってしまいます。

 

 

私達は血液によって必要な栄養素が各部位に運ばれていますが、

これは頭皮も例外ではありません。

 

ですので、血行が悪くなってくることによる影響。

 

それは頭皮に必要な栄養素が十分に行き渡りにくくなるというものです。

 

これにより頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

この症状を判断するのに最もわかりやすいもの。

 

それは頭皮が赤くなっていないか?ということと、フケの2つです。

 

 

まず頭皮が赤くなっていないか?に関してですが、

これはなんとなくイメージしやすいかもしれません。

 

炎症を起こしている部分って、赤くなっていますよね?

 

これは頭皮でも例外ではありません。

 

私達の頭皮は普段は肌色、もしくは灰色になっているはずです。

 

赤くなっている人って普通はいないですよね?

 

ですので、赤みを帯びているというのは、炎症を起こしている可能性があり、

乾燥の症状につながっていきます。

 

自分では見えない部分ですので、なかなか気が付かないかもしれません。

 

ですが、この症状を判断しやすくしてくれるのがフケです。

 

 

フケは私達の頭皮に付着している脂分が固形化し、

落ちてくるものです。

 

フケが油っぽい感じがするのは、もちろん頭皮に付着している脂分のためであり、

本来はこの皮脂が頭皮を守る役割の一つとされているのにもかかわらず、

これが落ちてきてしまう。

 

その後どんな症状になってくるのかはもはやイメージするまでもないでしょう。

 

もちろん頭皮のダメージにつながってしまいます。

 

ですので、早めに対処していく必要があります。

 

血行不良を起こしているということは、

殆どの場合これらの症状が関連していきますので、

これらで判断すると良いでしょう。

 

効果的なものはどんなもの?

 

では、これらの症状に対して効果があるのはどのようなものか?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛と聞いた場合、自分はまだ禿げていない!と思ってしまうかもしれませんが、

頭皮の血行不良は最終的に頭皮にダメージを負ってしまうということになり、

最終的に抜け毛につながってしまいます。

 

ですので、これらの症状に関して効果的な成分が含まれています。

 

例えば炎症。

 

これには、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草から抽出される成分が有効とされており、

江戸時代から活用されてきた経緯があります。

 

 

殆どの育毛シャンプーに含まれている、言わば定番の成分でもあるため、

頭皮の炎症を防ぐのに非常に効果的ということができます。

 

次に乾燥を防ぐ成分。

 

これはセンブリエキスなどが有効と言われています。

 

これも天然のハーブを用いた成分ですが、頭皮に保湿効果をもたらし、

乾燥及びそれに伴うフケの症状を防ぐことができます。

 

 

このセンブリエキスも多くのシャンプーに使用されている定番成分であり、

従来より有効とされてきた経緯があります。

 

これらの成分が使用されているのが育毛シャンプーであり、

血行不良による症状を抑えることができるでしょう。

 

ですが、ここで気になる点が、価格はどうなの?という点ではないでしょうか?

 

確かに通常のシャンプーに比べれば価格は少々高くなってしまいますが、

成分を濃縮した育毛剤と比較した場合はリーズナブルな価格設定といえます。

 

例えば育毛剤は多くの商品が10,000円を超えるものばかりであり、

高いものであれば20,000円程度になるものも珍しくありません。

 

継続して使用する必要があるにもかかわらず、

この価格設定では難しいのではないでしょうか?

 

それと比較した場合、育毛シャンプーは3,000~4,000円程度であり、

半額以下で購入することができますので、

継続しやすいというメリットがあります。

 

もしあなたが自身の頭皮の血行が悪い可能性がある。

 

そう悩んでいるのであれば、

まずは育毛シャンプーから試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

タグ :        

頭皮とフケ 頭皮の赤みその他 頭皮の赤みとシャンプー    コメント:0

皮膚にカビが出ている!?頭皮の赤みが悪化するとこんな症状に

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮の赤みは血行悪化のサインとも言えるでしょう。

 

 

これは頭皮の血行が悪くなることによって、炎症を起こしている証拠であり、

放っておくと抜け毛やハゲの症状につながってしまいますので、早めに対処しておくべきです。

 

赤みを帯びた状態であれば、まだそれほど症状がひどくなく、

対処が十分に可能なレベルと言えるため、少しでも心あたりがあるようであれば、

早めに対処しておくのが望ましいといえます。

 

では頭皮が赤くなっているのは、どういった症状が伴っているのでしょうか?

 

それは皮膚上に存在するカビの繁殖です。

 

 

この症状はマラセチア菌と呼ばれる菌の繁殖が原因と考えられています。

 

このマラセチア菌は、酸を放出すると行った特徴があり、

放出された酸が皮膚上に降り注ぐことで頭皮が炎症を起こすと言われています。

 

であれば、答えは簡単なのですが、この症状はマラセチア菌の繁殖を防ぐのが、

一番の解決につながるといえるでしょう。

 

では、そもそもマラセチア菌はなぜ繁殖を続けてしまうのでしょうか?

 

マラセチア菌繁殖の原因とは??

 

実はマラセチア菌の繁殖の大きな原因は、皮脂が過剰に分泌されることと言われています。

 

 

皮脂はその名の通り脂分なのですがマラセチア菌は

この皮脂を栄養として育つという特徴があります。

 

ですので、皮脂が過剰に分泌されるほどマラセチア菌の繁殖を増加することになります。

 

余談ですが、私達の体の中で皮脂が最も多いとされている部分は、

顔や頭皮であり、これらの部分にはマラセチア菌が繁殖しやすいと言われています。

 

とは言え、すべての人がマラセチア菌の影響を受けるわけではありません。

 

というのも、先程ご紹介したとおり、マラセチア菌が繁殖する原因は、

皮脂が過剰に分泌されることと言われていますが、

逆を言えば皮脂の過剰分泌を防ぐことができれば、皮脂が過剰に分泌されることがなくなります。

 

皮脂を過剰に分泌されないようにすること。

 

これがマラセチア菌の繁殖を防ぐ一番の要因になります。

 

血行不良と皮脂の分泌

 

最初にご紹介したとおり、頭皮が赤みを帯びているということは、

炎症を起こしていることによる症状です。

 

 

この炎症の大本の原因となるもの、それは頭皮の血行不良になります。

 

血行不良を起こしているということは、頭皮に十分な栄養が行き渡らないということであり、

これが赤みを帯びて炎症を起こす症状につながっていきます。

 

血行不良を頭皮が察知してしまった場合、皮脂が過剰に分泌されるという、

いわゆる防御本能のようなものが働きます。

 

これが皮脂の過剰分泌と言われる症状です。

 

これ自体はそれほどわるいということではありません。

 

あくまで頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌しているだけですから。

 

ですが問題は、この皮脂が過剰分泌されることによって、

マラセチア菌が急激に繁殖してしまうということになります。

 

 

以上が一連の仕組みになりますが、簡単にまとめると、

 

  • ・頭皮の赤みは炎症を起こしている可能性が高い
  • ・炎症を起こす原因はマラセチア菌の繁殖によるもの
  • ・頭皮が血行不良を起こした場合、皮脂が過剰に分泌される
  • ・マラセチア菌はこの皮脂を栄養として繁殖するため、
  • 皮脂が過剰に分泌されればされるほど、マラセチア菌は増殖していく

 

ということになります。

 

では、この症状を改善するには、頭皮の血行を良くすることが必要ということになりますね。

 

そこでおすすめするのがアミノ酸を豊富に含んだ育毛シャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば、血行を良くするといった効果があり、

ほぼすべての育毛剤に含まれているといっても過言ではありません。

 

さらに、頭皮が炎症を起こしている可能性が高いことから、

この症状を緩和するために、グリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

炎症を防ぐ生薬が使用されています。

 

そのほか、保湿をもたらすことで乾燥を防ぐなどのせいぶんも配合されているため、

先程の症状を防ぐために相性の良い成分を多数含んでいます。

 

もしあなたが自分の頭皮に異常を感じているのであれば。

 

まずは価格が手頃な育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

 

タグ :      

頭皮と育毛成分 頭皮と病気    コメント:0