頭皮の赤み、フケ、抜け毛

【要注意】頭皮の赤みとフケは血行不良による抜け毛のサイン!その仕組とは?

頭皮の赤みと脂漏性皮膚炎とは?こんな注意が必要!?

読了までの目安時間:約 6分

 

頭皮が赤くなっているということは、

何らかの原因で頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

 

実は、頭皮の炎症にはマラセチア菌と呼ばれる菌が繁殖する

ことによって起こるとされています。

 

 

マラセチア菌とは、皮脂を栄養にしているカビであり、

これが頭皮に以上に繁殖してしまうことにより頭皮の健康状態が悪くなります。

 

実はこのマラセチア菌によって起こる病気は、

脂漏性皮膚炎、癜風の2つが考えられます。

 

脂漏性皮膚炎とは・・・?

 

脂漏性皮膚炎とはその名の通り皮膚が炎症を起こすことによって起こる症状であり、

かゆみなどの症状を伴います。

 

 

そして、炎症を起こしているため、頭皮が赤くなったりと言った症状が出てきます。

 

最も判断しやすいのはフケとかゆみです。

 

フケは脂漏性皮膚炎によって、頭皮が乾燥しやすくなることによって起こり、

皮膚の上に存在する皮脂が乾燥によって固形化し、落ちてくる症状とされています。

 

健全な頭皮であれば、フケが多量に落ちてくる・・・

なんてことはまずありません。

 

ですので、毎日清潔にしているのにフケが何故か多い・・・。

 

このような症状に心当たりがある場合は、聖籠性皮膚炎の可能性があります。

 

また、皮膚が炎症を起こしているために、かゆみなどの症状も感じられます。

 

症状がひどい人は、知らず知らずのうちに頭皮を掻いてしまうクセが出てきますし、

掻きすぎると出血、瘡蓋ができてしまう等の症状も報告されています。

 

繰り返しになりますが、

脂漏性皮膚炎はあくまで頭皮が炎症を起こしている症状であり、

比較的判断が容易と言われています。

 

癜風とは?

 

これに対して癜風とは、マラセチア菌が皮膚の内部に侵入し、

それに対して皮膚が反応してしまうといういわゆる感染症の一種とされています。

 

 

感染症であれば、体が異常反応を起こし、ブツブツが出てくるなどの症状が目立ちます。

 

また、色素異常を起こすため、シミなどの症状を伴ってきます。

 

脂漏性皮膚炎との大きな違いは、かゆみやフケを感じない人が多いという点です。

 

ですので、癜風は脂漏性皮膚炎と比較して判断しにくいことや、

自分自身が気づいていないというパターンも多いようです。

 

また、頭皮に多いとされる脂漏性皮膚炎に対して、

癜風は頭皮のほか、上腕、胸部、背中などに現れることもあり、範囲が広いといったイメージです。

 


 

以上が2つの特徴になります。

 

 

マラセチア菌の繁殖をさせないためには??

 

では、マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはどのようにしていけば良いのか?

 

その答えは血流を良くすることです。

 

 

もともと頭皮の赤みによる炎症は、血流悪化によって、

皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌が繁殖することが原因です。

 

皮脂が過剰分泌される原因は、血流が悪くなっていることによって、

皮膚が異常信号を発することが原因です。

 

ですが逆を言えば、血流が安定し、頭皮に十分な栄養がいきわたっているのであれば、

そもそも皮脂が過剰分泌されることもなく、マラセチア菌が繁殖することもなくなります。

 

ですので、大本の原因である血流を改善するのが一番の近道と言えるでしょう。

 

血流を改善させるために必要なもの。

 

それは主にアミノ酸と言われています。

 

 

アミノ酸は私達のエネルギーとなるのに重要な栄養素であり、

血流を安定させるなどの効果があり、さまざまな健康食品に利用されています。

 

最もわかりやすいものと言えば、edを改善するための精力剤などです。

 

アミノ酸を多量に配合した精力剤を使用することで、

血流を良くし、体全体の健康を良くしていくとともに、

edの治療にも役立つと言われています。

 

このアミノ酸を活用したものが育毛シャンプーです。

 

アミノ酸を豊富に含んだシャンプーを頭皮に直接塗布することで、

頭皮の血流を安定させることができます。

 

 

アミノ酸配合のシャンプーランキングはこちら

 

タグ :      

頭皮とフケ 頭皮と病気    コメント:0